ホーム » 小説 » 小説/さ行 » 骸骨旗トラベル/マノン(王領寺静)

839 名前:本当にあった怖い名無し :2009/10/31(土) 14:50:04
古いラノベで「異次元騎士カズマ」って話での
ヒロイン(小悪魔系だけど主人公に惚れこんでいた)の死に様

俺は敵の海賊島に潜入し,船長の部屋に乗り込んだ。誰もいない。
くそっ,ヤツはどこだっ!
とそこで,ベッドの上に鎖で縛り付けられている黒人娘を見つけた。
彼女は叫んだ「カズマ! 来てくれたの?」
俺にはこんな丸顔の黒人女は知り合いにいないのだが……ってマノン?

そんな馬鹿な,彼女は卵形の顔をしていたし,薔薇色の肌だった。
そして二重で勝気なグリーンの瞳を持っているんだ。
しかしそれは間違いなくマノンだった。
顔と肌はボコボコに殴られ腫れて黒ずんでいて,片目はつぶれている。
左脚は膝から逆方向にまがっており,歯も1本も残っていない。

「ごめんね,カズマ。分からない? そうよね,私ここに連れて来られてから
 一度もお風呂に入っていないし,汚くて分からないわよね。

 あれからね,私ずっと何度も海賊たちに抱かれたわ。
 でもね,私その相手をカズマだと思うようにしたの,だってカズマなら
 殴られても何をされても嫌じゃない。耐えられるから。許してくれる?

 私,鏡すら見てないのよ。
 前に思い切り抵抗したとき殴られて以来,目も良く見えなくて……。
 ねぇ,私醜くなった?」

俺は彼女を抱きしめ,唇を吸った

「いや,マノンは綺麗なままだよ」

この後、マノン死亡するが数ページ後には主人公、あっさりマノンの事を忘れて
別の巻で死に別れた美形男が蘇った事に大喜び(作者のお気に入りだったらしい)


842 名前:本当にあった怖い名無し :2009/10/31(土) 15:19:32
>>839
ああ、覚えてるわ。
なに不自由ないわがままお嬢様だったんだけど、主人公に惚れたタイミングで
さらわれて、犯されまくったんだよね。
で、主人公が助けたと思ったら、飛んできた砲弾かなんかの爆風であっけなく
死んだんだっけか。

844 名前:本当にあった怖い名無し :2009/11/01(日) 00:07:23
実際は歯が1本もないんだから、何言ってるかわかんねぇよな

 

骸骨旗(ジョリー・ロジャー)トラベル―異次元騎士カズマ〈3〉 (角川文庫―スニーカー文庫)
骸骨旗(ジョリー・ロジャー)トラベル
異次元騎士カズマ〈3〉
(角川文庫―スニーカー文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...