ホーム » 小説 » その他書籍 » ハインツのジレンマ(ローレンス・コールバーグ)

339 名前:本当にあった怖い名無し :2009/11/20(金) 20:08:21
今日の授業で紹介された話。たまにはスタンダードに?

ハインツはガンで瀕死の妻を救うため、最近開発された特効薬を買おうと考えたが
方々から借金しても薬の半額分しか金を用意できなかった。
ハインツは特効薬の開発者である薬屋に、
代金を半額にするか、足りない分を後払いにしてもらうよう頼むが
すげなく断られてしまう。
絶望したハインツは薬屋に押し入り、妻のために特効薬を盗んだ。

—————————————————–

しかし、ハインツはすぐに逮捕され、
盗んだ薬も妻に届くことはなく、証拠品として没収される。
夫の逮捕を知ったハインツの妻は、失意のうちに死亡した。
さらにハインツは薬屋に押し入った際、従業員に大怪我を負わせてしまっており、
悪質な強盗として起訴されることが決まった。
一方、被害にあった薬屋は、新薬開発のために破産寸前であった。
そこへさらに、怪我をした従業員への保障などが加わり破産。
事件報道の影響で売り上げが落ち込んだことで、薬屋も廃業に追い込まれた。

薬屋の廃業により、特効薬の権利は別の業者に渡った。
ところがそこで改めて臨床試験が行われた結果、
この特効薬はガンに効果が無いことが判明したのだった・・・・・・


340 名前:本当にあった怖い名無し :2009/11/20(金) 20:25:39
>>339
後味悪いと言うか踏んだり蹴ったり?
ここまでくると逆にコントみたいだw

341 名前:本当にあった怖い名無し :2009/11/20(金) 21:42:31
いくら愛する人のためでも、人の道を踏み外しちゃいかんという
教訓を得た。

342 名前:本当にあった怖い名無し :2009/11/21(土) 08:24:52
ハインツクズすぎワロタ

 

道徳性の発達と道徳教育
道徳性の発達と道徳教育


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...