ホーム » アニメ・ゲーム » アニメ/あ行 » 海のコウモリ

630 名前:本当にあった怖い名無し :2010/01/23(土) 15:34:45
子供の頃見たっきりなんでかなり曖昧だけど戦後?の日本を描いたアニメの話
タイトルや詳細を知ってる人がいたらぜひ教えてほしい

主人公は若い女性で、町で働いている。
女性には気になる男性がいるのだが
彼は戦争の後遺症なのか生まれつきのものなのか自閉症のような状態。
町から少し離れたところにある小島で一人で不発弾の解体処理をしている。
ある日彼から手紙が届く。それは数枚の紙にひらがなで五十音を書き綴ったものだった。
他の人に笑われたのを恥ずかしく思って、女性はそれ以来男性に会わなくなる。
それからしばらくして女性の元に、不発弾の暴発で男性が死んだという知らせが入る。
彼が仕事をしていた小島の建物の壁一面には肉片がこびりついていたそうだ、
と女性が聞かされて終わり。

え、それで終わり?って感じなんだけど嫌な余韻の残る話だった
「ひらがなであいうえおを書いた手紙」「肉片がこびりついていた」
っていうのが忘れられない


948 名前:本当にあった怖い名無し :2010/02/10(水) 21:36:51
>>630
亀レスですが、「海のコウモリ」という話に似ている気がします
参考までに…

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...