ホーム » その他 » 事件・事故 » 佐用共立病院事件

442 名前:本当にあった怖い名無し :2010/03/13(土) 00:12:58
・兵庫県佐用町の佐用共立病院で2008年12月から1か月余の間に
 寝たきりの入院患者6人(当時99~75歳)が相次いで肋骨(ろっこつ)を骨折した問題で、
 県警捜査1課と佐用署は11日、患者1人に暴行して骨折させたとして、
 同病院の看護師羽室(はむろ)沙百理(さおり)容疑者(26)(佐用町山脇)を傷害容疑で逮捕した。

 6人全員に対する犯行を認めており、「職場の人間関係に悩んでいた。イライラして、
 しゃべれない人ばかり狙った」と供述しているという。

 発表によると、羽室容疑者は09年1月13~19日、肺炎で入院中の
 女性患者(当時85歳)の胸部を両手で圧迫するなどして、肋骨12本を折った疑い。

 6人は男性1人、女性5人で、いずれも一般病室に入院。08年12月8日、6人のうち
 当時85歳だった別の女性患者の呼吸の異常に主治医らが気づき、骨折が判明した。
 さらに翌年1月19日までに5人の肋骨骨折が見つかった。

 6人は寝たきりで骨粗しょう症を患い、会話もできない状態だった。
 08年から今年にかけて全員が死亡し、県警が司法解剖したが、死因は肺炎などとされ、
 骨折との因果関係はなかった。

 羽室容疑者は当時、6人を担当。うち3人の骨折の第一発見者で、残る3人が骨折したと
 みられる時間帯にも勤務していた。現在は育児休暇中で、県警がこの日、任意で事情を聞いていた。

 調べに対し、「胸に全身の体重をかけるようにしたら、ボキッと音がした。ほかの5人も
 同様にやった」と供述しており、県警は余罪を追及する。
 同病院は、医療法人「社団一葉会」が1968年に開設。内科など11の診療科があり、
 ベッド数は90床。


444 名前:本当にあった怖い名無し :2010/03/13(土) 00:33:08
>>442
情報追加。

・容疑者は6人のうち、最初の患者ら3人の骨折を知らせた第一発見者で、昨年1月5日に
 看護師らを対象に実施した聞き取り調査では「疑われるのでしょうか」と涙を流したという。

・「しゃべれない患者を狙った」
・「世話をする自分に患者がちっとも感謝してくれない」
・「自分は看護士に向いてないと思うのに、相談する相手が居なかった」


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...