ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その112 » 我が指のオーケストラ/米騒動(山本おさむ)

831 名前:本当にあった怖い名無し :2010/03/30(火) 23:55:41
「我が指のオーケストラ」という聴覚障害者の児童の学校に勤める教員の漫画から
米騒動で日本全体に米が不足したり、古米が高値で売られたりしてる時期に
ある米屋の子供が親を盗人と言われていじめられていた。
米屋の子供はいじめっ子らに家から米を持ってこいと言われ、
親の目を盗んで米を家からいじめっ子に持ってくる毎日。
そしてある日親にそれが見つかってしまう…

何が後味悪いのかと言うと、米屋の子供は喋れないから、
親にそれを弁解することも出来ず、信用を失っただろうな
ということが容易に想像できるし、
いじめっ子の首領は後に主要キャラになって、
女性キャラと恋愛関係になって結婚したりする(米屋の子供はフォロー無し)。
一応教員にバレてフルボッコにされる場面はあったけど、
扱いの差が理不尽だなぁと思った。


833 名前:本当にあった怖い名無し :2010/03/31(水) 00:35:40
>>831
難聴少年は学校に通っているから筆談でもコミニュケーション
取れそうだけどもし親が読み書き出来なかったら弁解無理か
教員にもバレてるならその教員が親に弁解してくれたと思いたい

 

わが指のオーケストラ (2)
わが指のオーケストラ (2)
わが指のオーケストラ (2) (秋田文庫)
わが指のオーケストラ (2) (秋田文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...