ホーム » 小説 » 小説/ま行 » もたらされた文明(星新一)

818 名前:本当にあった怖い名無し :2010/08/01(日) 07:04:23
☆新一の短編がプチ後味悪かったりするぞ
うろ覚え&駄文ですまんが

『もたらされた文明』
ある惑星の住人達が、宇宙探査戦の帰りを何日も待っていて、ようやく探査船が帰ってくる
住人達は宇宙飛行士に「どんな星にいったの?」と興味心身で質問して、
宇宙飛行士は「地球っていう星に行ってきたよ」と答える
「地球でこんな凄い物を手に入れたんだ」と言って、住人達に「鍵」を見せる
住人達は鍵を見てきょとんとしていて、「それはいったい何なの?」と質問する
宇宙飛行士「これは、ドアや箱をこの鍵を持っている人にしか開けなくする道具さ」
住人達はますます訳が分からないといった様子で「そんなことをして何になるの?」と聞く
宇宙飛行士「自分の所有物を他人に持って行かれたりしないようにさ」
住人達は相変わらず理解不能で「どうして人の物を持って行くの?」と聞く
宇宙飛行士「それは、自分で苦労して手に入れるより、他人の物を盗んだ方がずっと楽で簡単だからだよ」
それを聞いた住人達はカルチャーショックを受ける
宇宙飛行士「お土産はまだ沢山あるんだ。これなんか見てくれよ・・・」
終わり

題名が意味深

 

悪魔のいる天国 (新潮文庫)
悪魔のいる天国 (新潮文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...