ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » チェブラーシカ

330 名前:本当にあった怖い名無し :2010/09/18(土) 04:31:46
チェブラーシカ について

最近JRの広告に起用されたからか、よく見るようになったチェブラーシカ
元ねたをロシアの人形劇と勘違いする人がおおいが、本当は小説が起源
しかし、その小説は当時のロシアを連想の風刺的な内容が影響からか、非常に耐え難い表現がある

主人公のシカの連れ添いになぜか老婆がおり、主人公の前では非常に優しい性格で、
主人公の友達になりたいと思っているのだが、本当は非常に冷たい性格なのである。
ロシアでホロドモール(人為的飢餓)が行われている村に主人公のシカが行き、
村人を助けるために食料を老婆に渡すが、老婆は食料をわたし村人が食料を隠していると密告する。
主人公はそれを知らずに村を立ち去る。

ほかにも、今まで仲のよかった主人公を、ロシア伝統の家畜を殺して食べるものとして殺そうとするなど
かなりの不思議ちゃんで、結局主人公の友達を殺し、主人公をだまし一緒に食べるなど
子供の小説とは思えない話が継続する。結局老婆は主人公と面白おかしく旅をする。
なぜこのような場面を入れたのかはいまだになぞである。(作者の主張?)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...