ホーム » 小説 » 小説/さ行 » SEVEN ROOMS(乙一)

149 名前:自治スレでローカルルール他を議論中 :2010/10/15(金) 03:55:38
乙一のSEVEN ROOMS

ある日突然姉弟が四角い部屋に閉じ込められた。
部屋には金属製のドアがあるが外から鍵がかかっており中からは開けられない。
下に隙間がありそこから食料と水が差し入れられる。
部屋の奥には排水溝があり隣の部屋に行けるようだ。
姉は体の小さい弟に潜って隣の様子を見てくるように命令する。

嫌々ながら潜って偵察をする弟。
部屋は七部屋ありそれぞれに若い女性が閉じ込められていた。
姉弟の部屋は五部屋目で六部屋目には誰もおらず、七部屋目には憔悴しきった女がいた。
女は毎日決まった時間に排水溝に死体が流れると言う。
次の日も姉は弟を偵察に向かわせた。すると六番目の部屋に新しい女性が入っており、
かわりに7番目の部屋の女がいなくなっていた。


150 名前:自治スレでローカルルール他を議論中 :2010/10/15(金) 03:57:12
その晩、姉弟は排水溝に流れる細切れにされた肉片を見る。
その一部からこれは一番目の部屋の女の死体だと悟る。

次の日も肉片は流れた。姉弟達を拉致した奴は部屋の端から順番に殺して行くのが好きらしい。
混乱する姉。

ある時弟はその日殺される予定の女性の部屋を訪れた。女性は弟を暖かく迎えてくれた。
話に夢中になっていると足音が近づいてくるのが聞こえた。
急いで隣の部屋に逃げる弟。しかしさっきの部屋が気になり戻る。仰向けになり先程の部屋を通過する。
そこで思い切って目を開いた。排水溝を背にチェーンソーで切り刻む男と
肉塊になった女性そして空いている扉から閂が見えた。
部屋に戻り姉に報告すると「何でそんな危ないことをしたのか」と怒られる。


151 名前:自治スレでローカルルール他を議論中 :2010/10/15(金) 03:59:49
そしてとうとう姉弟の番がきた。
「弟は殺させない!」そう叫び背後を庇う姉。突き出した手にチェーンソーが振り下ろされた。
その瞬間反対側に隠れていた弟が逃げ出し扉に閂をかけた。そのまま他の女性達を救出する。
廊下には姉の勝ち誇ったような笑いが響いていた。チェーンソーの音が再開される。
扉を見つめる弟だったが女性の一人に促され地上へ続く階段を昇っていった。

途中まで姉弟仲悪いっぽかったから最後の姉ちゃんの行動には泣けたが、その後を思うと…。
あと弟達は本当に逃げ切れたのかなーとか考えてしまう。
小説手元にないから話違ってたらごめんね。


152 名前:自治スレでローカルルール他を議論中 :2010/10/15(金) 04:45:38
乙一かよww

153 名前:自治スレでローカルルール他を議論中 :2010/10/15(金) 05:58:29
映画で観たから、映像で思い出されるわ…
確かにあれは逃げ出したメンバーがその後無事なのか気になる。

158 名前:自治スレでローカルルール他を議論中 :2010/10/15(金) 13:32:45
>>149乙
これ読んだとき殺人の恐怖はもちろんだけど、
弟が潜りまくった溝って死体だけじゃなく捕まってる女達の糞尿も
流れてたんだろうなーと現実的に考えちゃって後味悪くなったw

 

ZOO 1 (集英社文庫)
ZOO 1 (集英社文庫)
ZOO [DVD]
ZOO [DVD](映画)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...