ホーム » 体験談 » その他体験談 » 先生の話

766 名前:先生の話 2/1 :2010/11/07(日) 06:54:25
首飾りの話、昔中学の先生が話してくれたのを思い出した。
授業中に脈絡なくそんな話をする人だったんだよ。
その先生の話で、元は本か映画かわからないけど書いてみる。

西部開拓時代のアメリカ、凄腕で周りから恐れられたガンマンがいた。
彼は恋人に横恋慕した男を撃ち殺したが、遠くからの射撃だった為、目撃者も無く無罪となった。

かつてその素行で恐れられた男も、恋人と所帯をもち、農業に打ち込んでいた。
やがて可愛い男の子を授かり、十年が過ぎた。

ある日、男の子が1人で留守番をしていると、保安官に追われて怪我をした男が入ってきた。

男はかくまってくれたらこれをやると、金貨を差し出した。
男の子は気の毒に思い、金貨も欲しかったので、男を干し草小屋にかくまった。
やがて保安官が現れ、男の子に男のことを聞いたが男の子は知らないと答えた。


767 名前:先生の話 2/2 :2010/11/07(日) 07:07:02
保安官は男の子が後ろ手に金貨を隠したのを見逃さなかった。

保安官は男の子に「もし話してくれたら、このバッチをやろう。」と保安官のバッチを差し出した。
それはとてもきれいに光っていた。

男の子はそれが欲しくなって目線で干し草小屋を教えてしまい、男はあえなく捕まってしまう。

男は男の子を罵り、帰ってきた父親は男の子が握った金貨を見て、事態を把握し、
男の子にスコップを持って森についてくるよう命じる。

森で穴を掘らせた男は男の子に祈れと言う。男の子は泣きながら懺悔したが、父親は我が子を撃ち殺した。


768 名前:本当にあった怖い名無し :2010/11/07(日) 09:48:36
えっ、終わり?
横恋慕男の伏線はそのまま?

770 名前:本当にあった怖い名無し :2010/11/07(日) 10:07:02
彼は恋人に横恋慕した男を撃ち殺した→子供は金貨をもらったのにバッジも欲しがった
過度の潔癖症?
悪いことだと知ってて人のものを欲しがったり欲しいもののために裏切る行為は許せなかったとか?
横恋慕した男は親友だったとかかな

771 名前:本当にあった怖い名無し :2010/11/07(日) 10:18:58
ごめん、自分もちょっとうろ覚えだったもんで。

恋敵云々は、みんなが人殺しの凶暴な男だと知ってたけど、証拠がないから手を出せなかったってこと。

そんな男も所帯を持って農夫として穏やかに暮らしてたが、息子の過失でDQN気質がぶり返したって感じかな。
自分に恥かかせやがって、気に入らないヤツは消すみたいな。

先生がなぜわざわざ授業中にこの話をしたのかわからない。


776 名前:本当にあった怖い名無し :2010/11/07(日) 10:42:39
>>766-767
元ネタはメリメの「マテオ・ファルコネ」かな?
アメリカじゃなくてコルシカ島の話だけど。

778 名前:本当にあった怖い名無し :2010/11/07(日) 10:57:17
>>776
検索した。
なるほど、追われてた男は昔の仲間で
助けを求めた仲間を売り渡した息子は裏切り者ってわけか。
こっちだとバッヂじゃなくて懐中時計だね。

 

カルメン (新潮文庫)
カルメン (新潮文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...