ホーム » アニメ・ゲーム » アニメ/た行 » 真ゲッターロボ 世界最後の日/第8話「死闘!! 血に染まる氷原!」

706 名前:本当にあった怖い名無し :2010/12/02(木) 17:50:21
『真ゲッターロボ 地球最後の日』の1エピソード。うろ覚え

宇宙からやって来たインベーダーっていう化物が地球に攻め込んでくる。
インベーダーは、金属とか生物に寄生して同化する能力があった
インベーダーとの戦いの最中、地球全土を巻き込む大爆発が起こってしまう。
地球は荒廃し、汚染され、インベーダーの闊歩する世界となった

それから十数年後、地下シェルターで生き延びていた少数の人類は、
残されたわずかな兵器でインベーダーとの戦いを続けていた
ある時、かつて地球が荒廃する原因を作った巨大兵器「真ドラゴン」が活動を再開した
インベーダーと戦っていた兵士・ケイは、
かつての戦いで使われたロボット「真ゲッター」を発見し、真ドラゴンの追跡を始めた

ケイ達は生き残った人類は自分達だけだと思っていたが、世界には生き残っている人々が他にもいた
北極まで来たケイ達は、インベーダーと交戦中の北極基地の人々を真ゲッターで助ける

北極基地の人々は、持てる技術を駆使し、過酷な環境で希望を捨てずに必死に生きていた
インベーダーとの戦いで負傷した人々の看護を手伝っていたケイは、ある少女と出会う
少女の兄は北極基地の兵士で、先ほどの戦いで負傷していた。
兄は朦朧としながらも「化物は倒したのか?」と心配し、少女は「兄さんが倒したのよ」と言って励ました
ケイは少女と打ち解け、北極基地の中を少女に案内された。
少女は妹想いな兄のことを嬉しそうに語り、それを聞いたケイも微笑んだ
つづく


707 名前:本当にあった怖い名無し :2010/12/02(木) 17:53:28
つづき
ケイと少女が話している最中、北極基地の兵士達が次々と化物に姿を変えていった
兵士達はインベーダーと交戦した時にすでに寄生されていた。基地内は遊星からの物体Xみたいな状況になってしまう
やがて化物に同化された人々は一体の巨大な怪物へと姿を変えた

ケイは少女を連れて真ゲッターに乗り込み、怪物と対峙した
真ゲッターは怪物を切り刻むが、怪物は北極基地の人々が何年もかけて作ったエネルギー装置を体内に取り込んで再生してしまう
やがて、怪物の体の表面に幾つもの人間の顔が浮かび上がった。それは、取り込まれた北極基地の人々の顔だった
人々は怪物に取り込まれてもなお人間としての意識を残していて、皆苦悶の表情を浮かべながら「助けてくれ」と叫んでいた
その中には少女の兄の顔も有った。少女はケイに「兄さんを殺さないで」と懇願し、ケイも攻撃を躊躇してしまう
そんな妹の姿を見た兄は、「俺を殺してくれ」と叫んだ
ケイは取り込まれた人々を傷付けぬように戦おうとするが、それを逆手に取られて窮地に陥ってしまう
怪物が真ゲッターにとどめを刺そうとした時、謎の黒いゲッターロボが現れる
黒いゲッターはボロボロで旧型の機体であったが、躊躇の無い動きで化物を切り刻み、
取り込まれて「助けてくれ」と懇願する人々の顔を次々に殴り潰していった
握り潰されて飛び散ってもなお泣き叫ぶ人々の顔を見たケイと少女は嗚咽を漏らし、
ケイは「やめろ」と叫んだが、黒いゲッターは取り込まれた人々ごと怪物の残骸を焼き払ってしまった

戦いが終わり、真ゲッターを降りたケイは
「あの中には取り込まれた人々が生きてたんだ。何か他に手があったはずだろ!?」と泣き叫んだ
黒いゲッターは答えず、飛び去って行った
終わり

ぶっちゃけ黒いゲッターが非難されるいわれが無い気がしてしょうがなかった
ケイが出来なかったことを代わりにやってやっただけだし

 

真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日 (3) [DVD]
真(チェンジ!!)ゲッターロボ
世界最後の日 (3) [DVD]
真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日 Blu-ray BOX
真(チェンジ!!)ゲッターロボ
世界最後の日 Blu-ray BOX


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...