ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その119 » ハイミス

921 名前:1/4 :2011/02/02(水) 12:29:28
寝取る話、で思い出した。
女は25歳までに結婚し、新婚初夜に処女喪失する(ふりをする)のが当然で
それを過ぎるとハイミスという人間亜種扱いされてしまう時代のお話。
作者はたしか里中真智子。

恵子は二十歳の農村女性。家事手伝い&農業研修中。
恵子には同学年の幼なじみがいて
彼も二十歳になったら二人は結婚すると恵子も周囲も思っている。
なにしろ二人は大人になったら結婚するのだと言い聞かされて育ってきたし
恵子の農業研修先が恵子実家と同じ稲作農家ではなく
彼の家であるチューリップ農家に決まったとき、彼はそれを受け入れたのだから。

とはいえまだチューもしてこない彼に苛立つある日
街に出た恵子は彼があか抜けた女性と一緒にいるのを見てしまう。
あれは誰だったの? と後日彼に聞いてみると
彼女は高名な女性ジャーナリストのアシスタントをしている女子大生で
彼の家のチューリップ畑の写真を撮りに来た際知り合ったのだという。
なんだハイミス予備軍か、と恵子はひと安心。


922 名前:2/4 :2011/02/02(水) 12:30:41
しかしある日、恵子は彼からある計画を打ち明けられる。
実は、彼は生まれたときから農家の仕事が嫌でたまらなかったのだ。
本当は街で花屋になりたかったのだという。
だから彼は家を出て、もうじき大学を出る彼女と一緒に暮らすのだという。
花屋の見習いもアシスタントも薄給だけど
二人の収入を合わせれば生活できるから二人で夢を追うのだと。
それじゃ畑はどうするの! と恵子が彼をなじると
それを君に頼みたいんだ、と頭を下げる彼。
稲作農家生まれなのにチューリップ農業を始めたい君なら
農家に生まれても花屋になりたい僕の気持ちは分かるだろう、と。
恵子の農業研修が彼のための花嫁修業であることに、彼は気付いていなかったのだ。

愕然とした恵子は、女性ジャーナリストの事務所を探し出し張り込みをする。
ついに彼女をつかまえた恵子は、彼と別れてくれとかきくどく。
それは彼が決めることだから、彼に言えばいいと突き放す彼女。
年上な事を引け目に感じ、恵子の必死さに哀れみも感じた彼女が
この出来事を彼に告げることはなかった。


923 名前:3/4 :2011/02/02(水) 12:32:23
追いつめられた恵子は一計を案ずる。
彼の二十歳の誕生日に宴会をしようと彼の両親にもちかけたのだ。
なんと言っても田舎のこと、家族と恵子だけで始まった宴会は
恵子の読み通り、しだいに近所の人や親戚も集まる大宴会になっていった。
彼ママを手伝い良い嫁アピールする恵子。
成人祝いとあってガンガン飲めない酒を客に飲まされる彼。
そしてついにつぶれた彼を、恵子は彼の部屋である離れに連れて行った。

翌朝彼が電話の音で目を覚ますと、なぜか恵子の声が聞こえる。
あわてて起き出すと、全裸の恵子が電話の相手と話していた。
毎朝の彼女からのモーニングコールに恵子が出てしまったのだと彼は気付く。
自分も全裸であることにも気付く。
状況がわからないまま服を着て母屋に行くと
同じく酔いつぶれて泊まった客から大人になったなとさんざんからかわれる。
身に覚えはなくても、何も言い訳できない彼。


924 名前:4/4 :2011/02/02(水) 12:33:28
恵子との結婚が決まった彼のもとに、彼女の結婚式の招待状が届いた。
職業婦人になるのならせめて結婚はして、と母親に泣かれた彼女はお見合いし
心の整理をつけるために彼と恵子を結婚式に招待したのだ。
封も切られない招待状を見つけた恵子が、なぜ放っておくのかと彼に聞くと
「もうどうでもいいからね」とにっこり笑った。
恵子は勝利の快感にふるえつつ、招待状に欠席の○をつけた。
結婚シーズンの大安吉日、恵子と彼の結婚式も同じ日同じ時間に挙げられるので。

結婚式当日、花嫁衣装の恵子は控え室で彼の前に立つ。
きれいでしょ、と言っても何も答えず窓の外を見に立つ彼。
恵子が彼のそばまで行くと、彼が彼女の名前をつぶやくのが聞こえた。
ムッとした恵子が親戚に挨拶しようとうながすと「どうでもいいよ」
そろそろ式場に行く時間になると告げても「どうでもいいよ」
恵子にしろと言われたことはするけれど、返事はどれも「どうでもいいよ」
将来の夢も愛する恋人との未来も守れなかった自分に、彼は絶望してしまったのだった。
この暗い目をした男が自分の夫なのか、と愕然とする恵子。
あの一瞬の勝利の快感と、自分は何を引き替えにしてしまったのだろう…(おしまい)


928 名前:本当にあった怖い名無し :2011/02/02(水) 21:55:12
>>921
何もかもを捨てる勇気のない男が馬鹿だと思うが後味は悪くないっていうか何も思わないな。
二十歳そこそこで人生捨てるような男、家を飛び出しても使い物になるとは思えないが。

930 名前:本当にあった怖い名無し :2011/02/02(水) 23:19:37
心を許せる、と思ってる奴にはめられショックはデカいでしょ。

931 名前:本当にあった怖い名無し :2011/02/03(木) 00:01:49
>>921
家も田舎も捨てて彼女と暮らすつもりだったんなら、別に責任取って結婚せずに、逃げれば良かったのに。

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...