ホーム » 小説 » その他書籍 » 『富豪刑事』はなぜ映画化されなかったか(筒井康隆)

35 名前:本当にあった怖い名無し :2011/02/05(土) 19:37:20
TV屋ってそんなもんじゃねーの?

筒井康隆が昔エッセイである作品をドラマ化しないか話が来て
作者的にどうしても譲れない部分を改変するのが条件と言われ、諦めたらしいんだが
その時プロデューサーに「○○(作品名)をドラマ化しようなんて話、もう二度と来ないと思いますけどねぇ」と
嫌味ったらしく捨て台詞吐いていったって
「何であそこまで偉そうなのか理解できない」と〆てた。
ちなみにその「二度と話来ない」と言われた作品は深キョン主演でヒットした富豪刑事。
その時のプロデューサーはどんな思いで見ていたのやら。


37 名前:本当にあった怖い名無し :2011/02/05(土) 19:49:06
富豪刑事って小説だと男のボンボンじゃん
そこは譲っても良かったのか

40 名前:本当にあった怖い名無し :2011/02/05(土) 20:44:03
プロデューサーが改変しようとしたのは舞台をアメリカに、という所だって。
日本だからこそとんでも金持ち設定が映えるのにアメリカにしちゃったら
その程度の富豪なんてゴロゴロいるんだから意味ねーじゃん、が筒井氏の意見。
プロデューサーにしてみれば当時はバブル時代だったこともあり海外で撮影をやりたかったっぽい。
主人公が男→女というのはそういった本質そのものを損なっていないし
逆に女の方がファッションとかでセレブらしさを分かりやすく表現出来るのもあるんじゃないかな。

 

笑犬樓よりの眺望
笑犬樓よりの眺望
富豪刑事 DVD-BOX
富豪刑事 DVD-BOX
富豪刑事 (新潮文庫)
富豪刑事 (新潮文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...