ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » アリとキリギリス(イソップ)

644 名前:本当にあった怖い名無し :2011/03/02(水) 14:14:33.08
原典のイソップ童話「アリとキリギリス」で、
最後、キリギリスはアリに「食べ物を分けてくれ」と頼み込むが、
アリは「夏には歌って遊んでいたのだから、冬は踊って遊べば?」と冷酷に突き放してキリギリスを餓死させる。

働かざるもの食うべからずという教訓と、セーフティネットは必要という教訓を同時に学べる話だったのだが、
現代の改悪版では最後、キリギリスはアリに「食べ物を分けてくれ」と頼み込み、
アリは「わかった。食べ物を分けてあげるよ」と自分の貯蔵品を差し出して、
キリギリスは来年の夏から更生したって話になってるんだよな。

これが通用するのって白人以外じゃ日本人だけだよね?
普通の途上国じゃまた来年も恵んでもらえば良いやって思うようになる。


645 名前:本当にあった怖い名無し :2011/03/02(水) 14:27:05.19
>>644
これが面白いことに、リアル世界でも死にかけのキリギリス(キリギリスに限らないが)を
アリが「保護」してやることがあるらしい。
巣に連れ帰って、餌を与えて生き延びさせてやるんだと。
もちろん慈善事業なはずがなく、卵を産み付けたり保存食にするためで、
与える餌も生かさず殺さず最低限のものだそうな。

いくら困窮したからってヤクザに頼るようなことはするなよって教訓を感じるw


646 名前:本当にあった怖い名無し :2011/03/02(水) 14:29:48.21
アリ怖えぇぇぇ!Ww

652 名前:本当にあった怖い名無し :2011/03/02(水) 17:29:11.43
「アリとキリギリス」って、本来は「アリとセミ」だっけか

678 名前:本当にあった怖い名無し :2011/03/02(水) 23:38:32.48
>>663
アリとキリギリス
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%81%A8%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9
>元は『アリとセミ』(FabulaeFable114は黄金虫:センチコガネ)だった。セミは熱帯・亜熱帯に生息し、
>ギリシアなど地中海沿岸にも生息していて、古代ギリシアでは文学でも取り扱われているが、
>ヨーロッパ北部ではあまりなじみが無い昆虫のため、ギリシアからアルプス以北に伝えられる翻訳過程で改編された。

 

イソップ寓話集 (岩波文庫)
イソップ寓話集 (岩波文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...