ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その121 » 旅の終わりを見つけた

450 名前:本当にあった怖い名無し :2011/04/16(土) 15:52:07.81
短編集のうちの一つの話

静かなお城に、一人の吟遊詩人がやってきた。
腺の細い体つきをした詩人は、病弱な少年であった。
旅の中で体調を崩した詩人は、城に泊めてもらう代わりに歌を聞かせた。
城の中にいる人々はわずかだった。王も大臣たちも、遠い街へ戦に出ていた。
優しい父王の不在を悲しむ姫君のため、詩人は毎日歌った。
彼の歌は様々な国の情景を伝え、城から出たことがなく外の世界に憧れる姫君を喜ばせた。

城にはいつも歌があふれるようになった。
詩人はよその国で生まれ、色んな国をまわりながら遥々と旅をしてきた。
「私が知っている歌をすべて教えてあげましょう 私がいなくなっても遠い国の事を思えるように」
詩人は体調のいい日は姫君に歌を教えるようになった。
本当なら、明らかに体が弱そうでで危険がないとはいえ、
素性の知れない者に姫君を近づけさせるのは良くない事だった。
でも厳しい教育係も、口うるさかった乳母も、なにも言わずにその様子をただ見守った。
城にいる人々は皆、戦場が少しずつ城へと近づいてくる事、王は勝てないであろう事を知っていた。

王は討たれ、迫る敵兵たちの声で城の周囲は騒がしくなっていった。
兵士たちが城の中に入ると、ほとんどの者が逃げ出した後で城の中は人気が少なかった。
最上階に辿りつくと、そこには姫君とその側近たちがいた。
彼女らは兵士の手にかかる前に、鳥のように高みから飛び降りて死んだ。

少し離れた場所で、一人の少女は、城から人が降る様を見ていた。
彼女こそが本物の姫君であり、城から落ちたのは姫君の服を着た詩人だった。
生まれついて体の弱い詩人はもう何年も生きられず、死ぬ場所を求めて旅をするようになった。
「あなたに出会えてやっとぼくは旅の終わりを見つけたんだ」
病で細い体をした詩人は姫君に成り代わって死に、姫君に自分の服と楽器を持たせたのだった。
姫君は城に背を向け、詩人に教えられた歌を歌いながら遠い国へと旅立った。

おわり


453 名前:本当にあった怖い名無し :2011/04/16(土) 17:23:32.40
>>450
綺麗な話じゃないか

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...