ホーム » 小説 » その他書籍 » itと呼ばれた子(デイヴ・ペルザー)

806 名前:本当にあった怖い名無し :2011/05/09(月) 08:43:14.87
ついでに有名すぎるが「ITと呼ばれた子」も
自分はこの一作しか読んでいないし、今は手元に本がないので
多少うろ覚えなところは許してほしい

ごく普通に幸せに暮らしていた少年は
ある頃から母親に虐待を受けるようになる

バスルームに閉じ込められ「毒ガス責め」を受け、
赤ん坊の弟の汚物を食べさせられ、
父親は家を出てしまい、兄弟も虐待に荷担する
それでもなんとか、少年は生きて行く

ある日、教師の通報により保護される
その後はいくつかの家庭に引き取られ、大人になる
父親と再開するも、たかられてガッカリしたり
母親(アル中)も大変だったのだろうとか考えたり
結婚して子供も授かったけど離婚したり、
でも今は恋人がいて幸せだよ…みたいな話だった

作者の元少年はかなり有名になりテレビに出たりしていたが
その後、実は虐待なんかなかったとか
本当はそこまでの虐待はなかったのだとか騒がれ、
実の弟が「兄がいなくなってからは自分が虐待された」と
少年と同じく本を出したりだとか
なかなかモヤモヤするものがある

 

 “I t”(それ)と呼ばれた子 幼年期 (ヴィレッジブックス)
“I t”と呼ばれた子
幼年期(全4巻)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...