ホーム » テレビ » ドラマ/あ行 » 相棒/シーズン3第11話「ありふれた殺人?時効成立後に真犯人自首!?」

904 名前:ありふれた殺人【1/2】 :2011/05/16(月) 02:56:27.58
ドラマ「相棒」のなかの一話。

「人を殺した」と自首してきた犯人。
しかし、その殺人は20年前に高校生の少女を殺害したというもの。
犯人はまったく謎のまま時効を迎えてしまった事件だった。

時効成立後とはいえ、取調べが始まり、マスコミも騒ぎ立てる。
犯人は最近命を狙われている気がして危険を回避するために自首しただけで、
殺人についての反省はまったく見られず、動機についても黙秘したまま。
被害者に謝罪しろと言われても「俺はもう罪には問われない」とふんぞり返るばかり。

「20年前の犯人が自首」というマスコミの記事を見て、被害者の両親は毎日警察に顔を出し、
「お願いします。犯人の名前を教えてください」と訴える。
娘は殺害される直前、母親に「後で話したいことがあるんだ」と嬉しそうに漏らしていたと言う。
そんな娘が何故殺されたのか。どうして殺されたのか。
どうしても知りたいと必死に訴えるが、規定により犯人の名はおしえられない、
申し訳ない、と謝るしかできない主人公。


905 名前:ありふれた殺人【2/2】 :2011/05/16(月) 02:57:58.73
結局何もできず犯人は釈放となった。
が、数日後、犯人は自宅で殺害されて発見される。
20年前、女子高生を殺した手口とまったく同じ殺され方だった為、
被害者の両親や、当時担当だった刑事(殺害当日、犯人の自宅で口論していたとの目撃証言あり)に疑いがかかった。

結局、主人公の捜査で、犯人を殺害したのは「犯人の隣に住む浪人生」
動機は犯人が毎晩大音量で音楽を鳴らしているのに腹を立てたという、”ありふれた殺人”だった事がわかった。

テレビで犯人が殺害されたニュースが流れても、
それが犯人だと知るよしもない被害者両親はテレビを消し、
主人公に「犯人の名前を教えてください」と懇願しに来るが、
主人公は「お教えできません、申し訳ありません」としか言えず、
被害者両親が涙ながらに警察を後にするシーンで終了。

最後まで結局20年前犯人が何故殺したのか、被害者が殺される直前に「話したいことがあるんだ」と
母親に言っていた事実が何だったのか、明かされないまま話は終了。

後味が悪いながらも、心に残る良い作品でした。


913 名前:本当にあった怖い名無し :2011/05/16(月) 12:33:30.26
>>904
好きな話だ

朝のニュースで男が死んだこと、隣人との騒音トラブルによるものであることを報じるテレビを
娘を殺された父親は全く無関心の無表情で消すんだよね
そして今日も夫婦で悲痛な面持ちで犯人の名前を教えてくれと訴えに行く
そこに、他人の痛みは自分のものではないが、自分の痛みは他人にも理解して欲しい
人間のどうしようも無さを感じる

 

相棒 season 3 DVD-BOX 2(5枚組)
相棒 season 3 DVD-BOX 2(5枚組)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...