ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その122 » 砂ぼうず/開拓村編(うすね正俊)

742 名前:本当にあった怖い名無し :2011/07/04(月) 04:08:37.07
暑くなって来たから久々に投下するわ。
今年はやたら暑いから思い出した。うろ覚え

漫画『砂ぼうず』の「開拓村編」
戦争によって人類の文明が崩壊し、荒廃して砂漠化した地球が舞台

主人公「砂ぼうす」は、犬の散歩から人殺しまで何でも請け負う「便利屋(何でも屋)」で、
強さ・戦法・性格の悪さから「妖怪」と怖れられ、「関東最強」と称されていた
(この漫画のキャラは殆どがそれぞれ個性的な「対砂漠スーツ」っていう服を着ていて、
砂ぼうずの対砂漠スーツは「おしゃぶり咥えたのっぺらぼう傘地蔵」って感じ。ちなみに砂ぼうずは素性を隠しているけど正体はガキ)
↓砂ぼうずの対砂漠スーツこんなん
http://www.cospa.com/images/items/pc/8029.jpg
http://images.amazon.com/images/P/B00077DAD0.09.LZZZZZZZ.jpg

砂漠で水を掘り当てて裕福な暮らしを夢見る貧しい砂漠の民達が寄り集まって「開拓村」を作り、
そこで数十年もの間貧しい暮らしに耐えながらただひたすら井戸を掘り続けていた

ある時、盗賊達が開拓村に目を付け、村人達が水を掘り当てた直後に村を襲撃する計画を立てていた

偶然にも盗賊たちの計画を察知した村人達は、砂ぼうずを用心棒として雇うことにする
村の村長から「先生」と言われて調子に乗った砂ぼうずは村で色々な悪さ(?)をしまくり
(文章力無いからどう書いていいかわからん。ごめん)、
村人達の中で砂ぼうずに対する不満が募っていく
つづく


743 名前:砂ぼうず2/4 :2011/07/04(月) 04:10:31.42
つづき
ある夜、砂ぼうずが一人で村をうろついていると、村の村長の一人娘である鞠子が現れる
砂ぼうすは「この村にも美人がいるじゃないか」と大喜びするが、
鞠子は「本当に村を守れるのか試したい」と言った
すると数人の村の男達が武器を持って現れ、砂ぼうずに襲い掛かる
砂ぼうずはボロボロにされながらも男達を全員倒し、鞠子は砂ぼうずの実力を認めた

しかし砂ぼうずは「こんな事をされるとやる気が下がる。落とし前をつけろ」と言い、鞠子に「やらせろ」と要求
鞠子はこれを「村を守れたら」という条件で承諾、
「村人達が裕福な暮らしができるのなら何だってする」と言った(それを聞いた数人の村の男達は泣く)

数日後、ついに村人達は水を掘り当てる

そして、それと同時に盗賊達も動き出す
砂ぼうずは事前に盗賊達の裏をかく計画をたてて「罠」を仕掛けていたが、
逆に盗賊達に「裏の裏」をかかれて窮地に陥り、そのまま逃走してしまう

砂ぼうずが逃げた後、村はあっけなく盗賊達に占領されてしまった
盗賊のリーダーは村長に対して「今日から俺がこの村の責任者だ」と言い、
さらに鞠子の肩に腕を回して「鞠子も今日から俺の女です。婿養子になりますww」と言った
全てが思い通りにいき、盗賊達が高笑いを浮かべたその時、「砂ぼうずが井戸に爆弾が仕掛けた」という知らせが届く
つづく


744 名前:砂ぼうず3/4 :2011/07/04(月) 04:12:48.83
つづき
井戸には爆弾らしきものが仕掛けられており、盗賊達もうかつに手を出せなかった

砂ぼうずは爆弾の起爆スイッチを取り出し、「村を守ると契約はしたが、井戸を守るとは契約していない」と言った
これを聞いた村長や村人達は激怒。盗賊達に「村は差し上げます、あのキチガイを殺して下さい!」と懇願しだす
鞠子も怒り、「井戸を爆破したら、やらせてあげない!」と砂ぼうずに言い放つ
砂ぼうずと鞠子の約束を知らない村長は「やらせるとは何のことだ?」と焦り、
村の男から事実を耳打ちされてパニックを起こした末に胸を押さえて倒れてしまう
どうしても鞠子とやりたい砂ぼうず(童貞)は井戸を爆破できなくない状況に追い込まれ、盗賊達と決闘することになる
村人達は盗賊を応援していた

砂ぼうずは再び危機に陥るが、当初から計画通り仕掛けておいた「罠」を発動させ逆転勝利
実は井戸の爆弾がフェイクであったことも明かされ、村人達は手の平返して砂ぼうずを称える
しかし、砂ぼうずは一度盗賊側に付いた村長や村人のことを許していなかった
砂ぼうずは村人達に怒りをぶつけようとするが、落石によって気絶してしまう
つづく


745 名前:砂ぼうず4/4 :2011/07/04(月) 04:14:52.63
つづき
砂ぼうずが目を覚ますと、そこは砂漠のど真ん中だった
傍らに少ない食料と村長からの手紙が置かれており、手紙には
『感謝していますが、今までの振る舞いを見ている限り、
 貴方が目覚めた時のことを考えると恐ろしいのです。
 鞠子のこともあります。そのまま近くの村へ行って下さい』
的なことが書いてあった
時間が経てば開拓村に強力な護衛が付いてしまう
盗賊との戦闘で対砂漠スーツは破壊されほぼ生身の状態、食料も僅かだったが、砂ぼうずは開拓村に戻る長い道を選択する
村人達への復讐のため、鞠子との約束のため、砂ぼうずは摂氏50℃の昼の砂漠を歩き、
氷点下の夜の砂漠で眠り、激しい砂嵐の中を進んだ
今の砂ぼうずを支えているのはどす黒い欲望と復讐心だった

しかし、砂ぼうずは5日目にして行き倒れた。“砂漠は漫画のように甘くは無かった”
そこへ、砂ぼうずと仲の悪い同業者の便利屋が現れる。同業者に介抱され、砂ぼうずは一命を取り留める
そして、同業者は「鞠子の依頼でお前を助けに来た」と言った
砂ぼうずは「鞠子ちゃんは俺との約束を覚えていて俺のことを想っていてくれたのか」と感動するが、
同業者は言った
「俺は、鞠子とこういう契約をした。『砂ぼうずは村を救ったが、鞠子も砂ぼうずを救う。
 これで、二人の間に貸し借りは無しになる』。約束は無効だ」

 

砂ぼうず 3 (通常版) [DVD]
砂ぼうず 3 (通常版) [DVD](アニメ)
『砂ぼうず』DVD BOX(初回限定生産)
『砂ぼうず』DVD BOX(初回限定生産)(アニメ)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...