ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その123 » ブラックジャック/第36話「しずむ女」(手塚治虫)

700 名前:1/2 :2011/07/29(金) 15:29:55.35
夏だから思い出して投下
ブラックジャック(以下BJ)の1エピソードうろ覚え

ある海辺の町で、どっかの企業が工業排水を海に捨てていて、それが原因で大勢の人が体に障害を負う
(水俣病?とか昔実際にあった事件がモデルだと思う)

ある一人の若い女性・ヨーコ(少女?手塚の絵がアレだから分からん)も工業排水の影響で障害を負い、歩けなくなっていた
企業は犠牲者への賠償金の支払いを開始し、企業の職員がヨーコの住むボロ小屋へも訪れる
しかし、ヨーコは脳にも障害を持っており、職員の話を全く理解できずきょとんとし、
賠償金の契約書にも子供のように落書きをしてしまった
これを見た職員は「しめた」と思い、「ヨーコは生まれつき障害者だった」ということにしてしまう

犠牲者達の治療の手伝いとして町に呼ばれていたBJは、そこでヨーコの姿を眼にする
脚が動かないヨーコは乳母車に乗り、船を漕ぐかのように棒で地面を突いて移動していた
パン屋へ到着したヨーコはそこで店主に媚び、腐ったパンを貰って家へと帰って行った

ヨーコは元々は泳ぎの上手な娘であり、
海産物を獲って生活していたが、排水の影響で今のような状況になってしまっていた
ヨーコの後を付けてヨーコの境遇を知ったBJは、嫌がるヨーコを強制的に入院させ、そこで治療を受けさせる


701 名前:2/2 :2011/07/29(金) 15:31:03.44
企業がヨーコを騙して賠償金を払っていなかったことを知ったBJは企業と争うことになる
BJは「ヨーコは工業排水の影響で脳にも障害を負った」と主張し、
やがて企業は「ヨーコが字を書けるのなら賠償金を支払う」と言った
BJはヨーコを教育することで、ヨーコが元々健常者であったと証明しようとする
BJの熱心なリハビリと教育のかいあってか、ヨーコは少しずつ歩けるようになり、知能も回復していく

ある夜、BJがヨーコの病室を訪れると、そこにヨーコの姿は無く、一枚の紙切れが置いてあった
BJは慌てて病院を出て走り出す
港に駆けつけると、汚れた海の中にヨーコの死体が浮かんでいた
「ヨーコ。今度生まれてきた時は、綺麗な海で泳げよ」
紙切れにはこう書かれていた“せんせいのためにさかなをとってきます よーこ”

 

ブラック・ジャック (4) (少年チャンピオン・コミックス)
ブラック・ジャック (4) (少年チャンピオン・コミックス)
(この版にのみ収録・新版には未収録)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...