ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その123 » 夢(おおひなたごう)

950 名前:本当にあった怖い名無し :2011/08/05(金) 12:25:03.61
思い出した漫画。描いたのはたしか爆笑問題

主人公は平凡な独身サラリーマン
ある時から主人公は「朝起きて身支度する」という夢を見るようになり、その夢をみると必ず寝坊する
やがて夢の時間は「朝起きる、身支度、食事、電車」と長くなっていき、
とうとう「出勤する」まで夢で見るようになり、毎日完全に寝坊して遅刻する
主人公は仕事も出来なくなり、医者に相談するが、
医者は主人公の日常が毎日同じことの繰り返しである事が原因なのだと言う

主人公は旅行に出るが、心が晴れることはなかった(うろ覚え)
とうとう主人公は自殺を決意し、崖から飛び降りる

一人の赤ん坊が泣いていた
母は「未来に絶望しているかのよう」と心配し、父は「怖い夢でも見たんじゃないか?」と言う
終わり


994 名前:本当にあった怖い名無し :2011/08/06(土) 08:28:14.74
>>951
正確には太田光が書いた原作を、おおひなたごうという人がマンガにした

 

バクマン!
バクマン!
天下御免の向こう見ず (幻冬舎文庫)(原作)
天下御免の向こう見ず
(幻冬舎文庫)(原作)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...