ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その125 » グロテスクへの招待(手塚治虫)

924 名前:本当にあった怖い名無し :2011/10/09(日) 07:27:07.70
手塚治虫の短編
主人公の青年は友人達と海に行くが、主人公だけは泳がずに海を眺めている
友人達が理由を問うと、主人公は自分の少年時代を語る

主人公は幼い頃にある少女に恋をしていた
しかしその少女は「自分が好きな物を自分の体内に取り込んで同化する」という奇妙な体質の持主だった
いつしか二人は相思相愛になるが、少女は主人公を取り込んでしまうことを怖れて触れようとしない
そのことを悲観した少女は「海が好き」と言い、主人公の制止を無視して海に入っていく

最後に主人公は友人達に「彼女は海と同化した。僕が海に入れば、きっと海に同化されるだろう」と言う
友人達はその話をホラ話として笑い飛ばして去って行く
主人公はただ蹲って海を眺め続ける


926 名前:本当にあった怖い名無し :2011/10/09(日) 09:22:41.99
>>924
「グロテスクへの招待」だっけ。
後味悪いというより切ない話のような。

 

タイガーブックス(7) (手塚治虫漫画全集 (127))
タイガーブックス(7)
(手塚治虫漫画全集 (127))


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...