ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その126A » あなたの笑顔が見られて良かった

917 名前:本当にあった怖い名無し :2011/11/20(日) 02:26:27.75
少し前に見た漫画

古代中国の後宮を舞台にした漫画でその中の一人の女性が主人公。
彼女は美しさから15の時に後宮入りしたが、他の女たちのやっかみからいじめにあった過去があり
目立たずひっそりと生きてきてそのまま枯れゆくつもりでいた。
彼女の侍女はそんな主人を腑甲斐なくも気の毒にも思っている。

ある日後宮に庶民だが美貌を買われ後宮入りしてきた娘Aが主人公の前に現れる。
Aは主人公をおばさん呼ばわりしたり露骨にエロアピールしたりと言動はがさつだったが、
それだけに逞しく積極的で皇帝は変わり種なAを気に入る。
Aはなぜか事あるごとに主人公に絡んできて、別に皇帝の寵愛など求めておらず
静かに暮らしたいだけの主人公は困惑していた。
それが逆に皇帝の目には「憂いを秘めたいい女」に映り
今までとは一転、地味だった主人公を寵愛し、主人公もまた皇帝を愛するようになる。

そうなると主人公には嫉妬心や独占欲が生まれ、Aが邪魔になってくる。
主人公は侍女と共謀しAからずっと陰湿な嫌がらせを受けていると伝え
自作自演でAの殺人未遂をでっちあげる。
皇帝は激怒し、主人公の願いどおりAの処刑を決意。
Aの処刑方法は胴体で切断され、苦しみを長引かせるものであった。
切断され、息も絶え絶えなAは嘲笑する主人公に「最期にあなたの笑顔が見られて良かった」と笑い事切れる。

実は主人公は後宮入りする前に出産していて、子供は男だったと聞かされていたため
まさか自分の娘が自分を探して後宮に来るとは思いもしていなかった。
Aが主人公に突っ掛かってきたのは少しでも傍にいたかったからと
たくましく生きてほしいがゆえだった。
それを悟った主人公はその場で自ら命を断つのだった。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...