ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その126B » 子どもを欲しがっている妻のために

199 名前:本当にあった怖い名無し :2011/12/03(土) 01:29:54.34
最近読んだ漫画

仲の良いが、子どもに恵まれない夫婦がいた。
ある日妻の誕生日を迎え、二人は高級レストランに行くことになった。
うきうき準備をしていた妻だったが、突然夫から急な残業が入りレストランに行けなくなったと連絡が入る。
ショックを受けるが仕事なら仕方ないと思っていると急に玄関のベルが鳴る。
そこには派手な女性と小学校低学年くらいの男の子がいて
女性は「では」と声をかけるとそのまま立ち去り、男の子はいきなり
「ただいま」と妻に声をかけ家に上がる。

リビングで当たり前のようにくつろぎゲームを始める男の子に呆気にとられていると
男の子は「お父さんは?」と訪ねる。
その子は夫にとてもよく似ていて、担いでいたランドセルに書いてある名前も夫の名字だった。
妻が「お父さんって誰のこと?」と尋ねると夫の氏名を答える。
そこで妻はさっきの女性が以前たまたま夫の職場に行った時に
夫と親しげに話をしていた女性だと気付く。
妻は男の子に「あの女の人は誰なの?」と聞くと「お母さん」と答える。
妻はこの少年が夫とあの女性の隠し子だと思い、誕生日にわざわざこの少年を見せ付けにきて
「これが石女のお前に似合いの誕生日プレゼントだよw」という夫のメッセージだと解釈し、
逆上し少年を絞め殺してしまう。

しばらくして夫が帰宅するが少年が死んでいることに驚き慌てる。
妻は夫を詰ると夫は仕事でレストランが駄目になったというのはどっきりで
後でちゃんと行くつもりだったということ、少年はいわゆる人材レンタルサービスの子役で
子どもを欲しがっている妻のために少年に自分達の子供という設定で来てもらっていたのだった。
あの女性はレンタル会社の社長であり、少年の実の母だった。
夫と話していたのは今日の日のために事前打ち合わせをしていただけだった。
真相を知り二人が青ざめていると再び玄関のベルが鳴り、
時間になったので女性が息子を引き取りにきたところで終了。

なんか全員不幸すぎ。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...