ホーム » その他 » 事件・事故 » 日野OL不倫放火殺人事件

507 名前:本当にあった怖い名無し :2011/12/22(木) 05:15:41.67
日野・不倫放火殺人事件(事件史探求)
平成5年12月14日早朝、大手電気会社のシステム開発部門エンジニア・北村有紀恵(当時28歳)は
不倫相手で会社の上司であるXさん(当時35歳)宅(東京都日野市の公団アパート)に
侵入し持参したガソリンで放火した。
その結果、Xさんの長女(当時6歳)と長男(当時1歳)の2人が焼死した。
Xさんは毎朝、妻が運転する車で最寄の駅まで送ってもらっていた。
北村はこの僅かな時間を見計らって放火を行った。

加害者も、被害者の遺族もおかしすぎ。殺された子供たちが死んでも死にきれない
反省していれば、”反省しているけど、自分も被害者である”という裁判中に告白記事を書いてもらおうとはしない。
離婚などをして母親のみで損害賠償するのが妥当だと思うが、
避妊もしないで2度も中絶させている父親も一緒になって損害賠償を求めたのも違和感
覚えた。そのあとその父親は会社を辞めさせられたけど、妻と離婚しないで一男一女をもうけたらしい。
この子供たちが何かの折でこの事件知ったらどう思うんだろう。自分だったらすごいきついとおもうな


508 名前:本当にあった怖い名無し :2011/12/22(木) 14:29:01.66
>>507
いろんな夫婦がいるから、離婚するのが当然だろう、という決めつけに、
私は違和感を覚えます。

510 名前:本当にあった怖い名無し :2011/12/22(木) 22:06:12.51
>>508
そらそうだけど、旦那は間接的に自分の子供殺したようなもんだよ?
そんなヤツと、また子供作ろうとは思わないなあ。

511 名前:本当にあった怖い名無し :2011/12/22(木) 22:31:07.49
>510
母性より女の性の方が強かったんだろ
父親も不倫して子供つくって、ってそっちは強そうだし
子作り>子供死亡原因
とてもお似合いの夫婦だと後味悪く想像してみるよ。

512 名前:本当にあった怖い名無し :2011/12/22(木) 22:53:51.34
確か、不倫発覚後、妻の方も執拗に嫌がらせ電話を掛けて、
中絶したことを「生きた子を腹から掻き出すような女」と罵ったりしたと読んだな
別れて再婚すると男に言われながら、奥さんには子を2人生ませて、
自分には2回中絶させられた状況だから相当にこたえたとか
まぁだからと言って、更に2人の子を殺すことは正当化できないけどね
みんな悪いが、生まれなかった子、殺された子、罪のない子供だけが被害を受けてる
せめて新しく生まれた子は事件が原因で不幸にならないといいけどな

513 名前:本当にあった怖い名無し :2011/12/22(木) 23:07:28.53
>中絶したことを「生きた子を腹から掻き出すような女」と罵ったりしたと読んだな
あれ、自分はそれは週刊誌のねつ造で、実際は奥さんはそんなこと言ってないって聞いたけど
まぁどんなやり取りがあったかは当事者しかわからないんだけどね

514 名前:本当にあった怖い名無し :2011/12/22(木) 23:19:10.71
>中絶したことを「生きた子を腹から掻き出すような女」
その台詞、NHKドラマ「八日目の蝉」で聞いたような気がするw

521 名前:本当にあった怖い名無し :2011/12/23(金) 00:54:18.93
>>514
「八日目の蝉」はこの事件が下敷きになってるから

522 名前:本当にあった怖い名無し :2011/12/23(金) 01:18:58.73
日野・不倫放火殺人事件の加害者の両親というか父親はしっかりした人だった気がする。
ちゃんと団地の住人や公団と示談した。
親が支払う義務もないのに1500万円を払った上で被害者遺族に3000万円払う義務を約束した。
確定後、加害者の母親がうちの娘も被害者だといったら止めて、
被害者ではなく残忍な加害者だと言い切った映像を見た気がするんだよね。
娘があのような残忍なことをとめられなかった自分が憎いっていっていた気もする。
被害者の子供の冥福と娘のしたことをどうか許して欲しいと
毎日深夜お地蔵さんにお参りしている姿をその番組で紹介していたと思う。
都立大でてNECに入った自慢の娘だった分、父親はつらかっただろうな。
それでも十字架を一緒に背負うとしたのは、責任感だけではなく娘への愛があったからなんだろうな。
やるせない

 

その時、殺しの手が動く―引き寄せた災、必然の9事件 (新潮文庫)
その時、殺しの手が動く
引き寄せた災、必然の9事件 (新潮文庫)
八日目の蝉 DVD-BOX
八日目の蝉 DVD-BOX


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...