ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その128 » スカイハイ(高橋ツトム)

606 名前:本当にあった怖い名無し :2012/02/15(水) 01:00:49.25
そういう話なら既出かもしれないけど
釈由美子たんでドラマ化された「スカイハイ」は初めから救いのない設定だよね。
決めセリフがあったな「お逝きなさい!」だったかな?

607 名前:本当にあった怖い名無し :2012/02/15(水) 01:12:10.93
あぁ。>>1 を見ろと突っ込みを入れられる前に軽くスカイハイの概要を。
死後直後の人間があの世の門の前にいきなり立っているところから毎回スタート。
あの世の門番の女の子に、今後の行き先について選択肢があることを告げられる。
確か3つの選択肢があり、決めるまでに数日間の猶予が与えられる。
1,未練を捨て成仏し、生まれ変わるのを待つパターン
2,この世に未練があり、永遠にさまよい続けるパターン。
3,人を一人呪い殺し、自分も地獄へいくパターン。
死語直後の自分がいなくなった世界を見て、自分が誰にどのように殺されたのかや、
その後の家族などの様子を見て、最終的にどうするかを選択するというような流れだったと思う。
何を選んでも結局生き返ることが出来ないという時点で、ほとんど救いのない話ばかり。

608 名前:本当にあった怖い名無し :2012/02/15(水) 01:22:00.68
不慮の事故・事件で亡くなった人がいて始まる話だからな
救いのある話も多いけどね

スカイハイで後味悪いのは屋敷の自縛霊の話だな
ある不動産屋の新入社員がとある事故物件の屋敷に立ち入り調査した際急死
その屋敷はかつて夫婦が住んでいたが妻が不治の病にかかり
隠し部屋を作りその中で夫は妻の依頼で妻を殺害、自らも自殺した
スカイハイの世界では他人を殺したものは例えいかなる理由があっても必ず地獄に落ちる
夫は妻に強要されたとはいえ殺人は殺人という事で地獄に落ちていた
一方妻は殺された側であり、死後恨みの門に行き「生まれ変わる」
「永久に現世を彷徨う」「地獄へ行く代わりに人を一人殺せる」の
いずれかを選択できるのだが、屋敷への執着が強すぎて止まり
屋敷に侵入してきた者(女性社員)を呪い殺したのだった

細かい流れは忘れたけど、悪霊と化した妻はそのまま現世に止まり
屋敷にずっと住み着くことになる
我儘な妻が好き放題やって夫や女性社員は振り回されて地獄に落ちたり殺されたりで可哀相だった


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...