ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » ズッコケ結婚相談所(那須正幹)

96 名前:本当にあった怖い名無し :2012/06/07(木) 21:34:00.60
ズッコケ三人組といえば、結婚相談所の話が後味悪かったな。

三人組の一人・モーちゃんのバツイチ母に銀行重役との再婚話が持ち上がる。
モーちゃんの姉は再婚に反対はしなかったが、モーちゃん本人は浮かない顔。
モーちゃんに相談を受けた主人公・ハチベエと友達のハカセは三人で重役に会うが、
とても人当たりのいい人だったので「結婚を認めてもいいじゃないか」とアドバイスする。
煮え切らない態度のモーちゃんを不思議に思った二人はあちこちに話を聞きに行き、モー母の離婚の原因が
「モー父が酒乱でモーちゃんやモーちゃんの姉に暴力をふるっていたから」、
そしてモーちゃんには生き別れの兄がいることを知る。
(モーちゃんの本名は三吉で、3番目の子供という意味だった)

二人はおせっかいだと思いながらも、東京にいるモー父とモーちゃんを会わせようと、
モーちゃんには内緒で東京旅行を計画する。モー父のマンションに行った三人は、モー兄と初対面するが、
兄は「ああ、あの赤ん坊?覚えてないや」とそっけない態度。
さらに、モー父の再婚相手から離婚の真相を聞かされる。
モー父と母、そして再婚相手は元々同じ会社の同僚で仲が良かったが、母がモーちゃんを産んだ直後から
「モー父と同僚が不倫している」「モー兄は私の子じゃない」と言い始め、暴力をふるうようになったのだという。

仕方がないので夫婦は離婚。その後、父と同僚は再婚し、兄一人を引き取ることに。
今では、二人の間に妹も生まれていた。
帰りにハチベエは「あの二人、都合よく話を作ってるに決まってらあ。話が出来すぎてる」と怒るが、
モーちゃん自身は「別にどうでもいい」という結論に。

その後、モー母の再婚話はなくなり、離婚の原因も双方の言い分が食い違ったまま終了してしまい、
なんだかなあという感じだった。長文すまん。


97 名前:本当にあった怖い名無し :2012/06/07(木) 21:40:48.92
>>96
「モー父と同僚が不倫している」「モー兄は私の子じゃない」
それはどっちが言った台詞なの?

「モー父と不倫」→母発言
「モー兄は私の~」→父発言
かな?


98 名前:本当にあった怖い名無し :2012/06/07(木) 21:53:07.11
>>96
モー兄は私の子じゃないとかは言ってない。
母親が情緒不安定になっている間に不倫女が長男を上手に手懐けちゃったんだと思う。
因みに長男は高校生にもなって継母に「ママ、おなか空いた~朝ご飯に○○作って」とベタベタに甘えてた。
モー異母妹は顔も可愛い上に初対面のモーちゃんにもちゃんと挨拶する素直で礼儀正しい子に育ってた。

 

ズッコケ結婚相談所 (ポプラ社文庫)
ズッコケ結婚相談所 (ポプラ社文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...