ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その131 » チャイナタウン

300 名前:本当にあった怖い名無し :2012/06/14(木) 20:53:24.02
映画チャイナタウン

時は1960年頃(?)くらいのロス。
主人公は探偵で、見知らぬ夫人に水道局長である夫の素行調査を頼まれる。
夫が若い娘と会っている事を突き止め隠し撮り写真と共に報告すると、
何故か明朝その不倫写真が新聞に載っている。
しかもその後夫は行方不明に。
更に不可解な事に警察の事情聴取で出会った本物の夫人は
最初に依頼に来た女とは別人だった。
本物の夫人に改めて夫の行方を探す依頼を受ける。
しかし夫は次の日ダムに浮かんで死んでいた。

真相を探るうち、夫人の父親であり、水道局長の義理の父である男が浮かんでくる。
男は一癖も二癖もある初老の地元の権力者で、どうやら水利権関係で
死んだ夫と揉めていたことがわかる。
男(以下ジジイ)は主人公を呼び出すと、余計な事に突っ込まないよう釘をさし、
逆に死んだ夫と密会してた若い愛人の行方を探せと依頼してくる。

この後色々あって夫人と良い感じになったりするが、夫人も何かを隠している。
尾行するとなんと別の部屋にあの不倫相手を匿っていた。
夫人は彼女は私の妹で、夫と会っていたのも了承済みだったのだと話す。
警察は夫人を夫殺しとして探し始め、だんだん主人公も疑い始める。
ジジイに「娘は夫殺しただけでなく、愛人を殺すつもりだ」と唆された主人公は、
夫人の隠れ家を警察に売ってしまう。


301 名前:本当にあった怖い名無し :2012/06/14(木) 20:53:49.62
主人公は夫人を問い詰める。
主人公「あの若い女は何なんだ??」
夫人「あれは私の妹よ!」
咄嗟の嘘だと思った主人公は夫人を殴る。
夫人「あれは、、私の娘よ!」
主人公はまた夫人を殴る。
夫人「、、あれは、私の妹で娘なのよ、、」
主人公「ふざけるな!!」
夫人は泣き崩れながら、
夫人「彼女は私が15歳の時父に犯されて出来た子供なのよ、、」
絶句する主人公。
メキシコで産み、父親に見つからないよう育ててもらい、
全てを知っている夫と共に妹として一緒に暮らす筈だった。

しかしジジイはあの写真で夫人が自分の孫であり娘を産んでいた事を掴んでしまい、
夫は水利権関係の揉め事で殺された。
(つまり最初の別人女の依頼はジジイの差し金)

真相を知った主人公は夫人と娘をメキシコに逃がそうとするも、
駅で警察とジジイが待ち受けている。
夫人は強行で車を出し、逃げようとするところを射殺されてしまう。
助手席で泣き叫ぶ娘をジジイが攫っていく。
主人公は女の死骸の前で立ち尽くす。

終わり

勿論ジジイは胸糞なんだが、
主人公はジャックニコルソンで自信満々な奴で、
結局全てがこいつのせいだから主人公に殺意湧いた。
夫人に真相聞き出す前に警察に売ったり、
女に手をあげまくったり、全然ハードボイルドじゃない。


303 名前:本当にあった怖い名無し :2012/06/14(木) 21:04:55.27
>>301
>主人公はジャックニコルソンで自信満々な奴で、

この書きようにワロタ
いや、ニコルソンってだけでなんか腹立つのはわかるw


306 名前:本当にあった怖い名無し :2012/06/14(木) 23:05:09.20
>主人公はジャックニコルソンで自信満々な奴で
読んだ瞬間に自信満々なニヤッとした笑顔が浮かんで
ムカついたw

307 名前:本当にあった怖い名無し :2012/06/15(金) 00:17:40.18
>>306
映画観たけど、あのニコルソンもラストは
哀しげでやり切れない様な…後悔の滲んだいい顔してたよw

ラストはジジィが嬉しそうに娘を連れて行く姿がマジ憎らしかった
夫人が父親に乱暴された年の頃の、可憐な娘さんだったから
絶対手を出すつもりなんだよな

この映画監督、少女との淫行でアメリカから追放された
ロリコン…ロマンスキーなのも後味悪いw


308 名前:本当にあった怖い名無し :2012/06/15(金) 03:01:00.43
チャイナタウンの一番の後味の悪さは、タイトルほとんど関係ないじゃんってとこだろw
チャイナタウン=なんでもありの無法地帯ってこじつけてるだけで、
チャイナタウンは最後にちょっと出るくらいだし、メインの登場人物はほとんど白人

歴代映画ランキング上位の割に、近親相姦かよってオチにもがっかり

 

チャイナタウン 製作25周年記念版 [DVD]
チャイナタウン 製作25周年記念版 [DVD]
チャイナタウン [Blu-ray]
チャイナタウン [Blu-ray]


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...