ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その131 » 常世長鳴鳥(山岸凉子)

881 名前:1/2 :2012/07/01(日) 23:33:36.81
山岸凉子の短編「常世長鳴鳥(とこよのながなきどり)」

主人公は冴えない女子中学生。病弱な障害者の姉がいる。
姉は生れつき足が悪い。
両親と祖母は姉を哀れみ、ちやほやする。
姉は美少女で、みんなに優しくされたもんだから気立てもいい。

主人公は健康な健常者だからと、ほったらかしにされまくる。
寝込んだ姉の枕元には、いつもお人形や黄色い方の桃缶があった。
お祭りの晴れ着は姉のお下がりで、
「この子は色が黒いから似合わないねぇ…」
と言われた。
小学生の時、遠足の前日に姉が発作を起こした(喘息かもしれない)
両親と祖母がつきっきりで看病する。
主人公は、あたしのお弁当は!?と抗議するが、
「お姉ちゃんが死んでもいいって言うの?」
「お前は健康な身体という大きな財産があるのだよ」
と叱られる。
遠足の弁当はメロンパン一個。

中学生になった主人公に、憧れの先輩(病院長の息子)が話しかける。
「君、よくお姉さんの付き添いでうちの病院に来てくれたよね」
(やったぁ☆あたしのこと覚えていてくれたんだ)
「今度お姉さん紹介してくれない?」


882 名前:2/2 :2012/07/01(日) 23:35:45.40
姉は
「主人公ちゃんの中学って、私が通ってた病院のハンサムな息子さんがいるんでしょ。いいな主人公ちゃん」
と言う。

ある夜、姉が川で溺死する。

主人公は姉の部屋に入り、遺された着物(足が悪いのを隠そうと、上等な着物を与えられていた)を
制服の上から羽織って一人ファッションショー状態。
(これからはあたしが親孝行してあげる)
(公立の進学校から国立大に行くわ、勉強して奨学金もらうからお願い、商業高校に行けなんて言わないで)
(お姉ちゃんの医療費がいらなくなるでしょ?あたしに学費出して)

姉の握った手の中から、主人公の中学の制服のボタンが一つ見つかった。
乱暴に引きちぎったようで、ちぎれた糸がついている。
姉の部屋で姉の着物を羽織ってほくそ笑む主人公だが、その袖口にはボタンが一つ欠けている。
ちぎれた糸も見える。

姉が死んだのは、父の帰りが遅く母は用事で外出し、主人公も部活で遅くなる夜だった。
主人公は部活をこっそり抜け出し、姉を窓から連れ出す。
病院長の息子が姉と話したがっている、と嘘をついて川に連れ出し、溺死させたのが真相だった。

ボタンをなくしたことに気づかない主人公は、声を殺して笑っている。
(あたしはアマテラス、岩戸を開けてやっと外に出たのよ!)


883 名前:本当にあった怖い名無し :2012/07/02(月) 00:03:15.49
乙。綺麗にまとめられてて後味悪かった
誰かが少しでも妹に優しくしてやれば歪まなかったのになあ

 

常世長鳴鳥 (山岸凉子スペシャルセレクション 7)
常世長鳴鳥
(山岸凉子スペシャルセレクション 7)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...