ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その133 » 特攻天女(みさき速)

928 名前:特攻天女1/2 :2012/09/17(月) 12:14:28.67
特攻天女から後味悪い話を一つ。

ある中学校に成績優秀で皆の人気者な美少女Aがいた。
Aには幼なじみ兄弟B(兄でAと同い年)とC(弟ABの一学年下)がおり、二人ともAが好きだった。
Cはイケ面で明るく何でもできて友達も多くAが好きな事を隠さないのだが
Bは地味メンで級友にはいじめられていて一人で掃除とか押しつけられるタイプ。
でもBは生来真面目で優しい性格で押し付けられた仕事も
きっちりやる性格でAはそんなBが好きだった。
ある時いつものように級友に掃除を押しつけられたB。
そこにたまたま一緒に帰るところだったAとCが通りかかり
AはBを手伝って三人で帰ろうと提案する。
自分より兄を選んだ事に怒ったCはBを
「お前みたいなうじ虫が俺の兄なんて最悪、さっさと氏ね」と罵り立ち去る。
すっかり遅くなり互いに淡い恋心を抱く二人は仲良く手を繋いで帰るのだが、
ちょうど人気のない川原を通った時謎の少年少女三人組に襲撃される。
少年二人はAの口を抑えつけ、制服を脱がせようとするが
もう一人の少女が近付き何かを囁いた瞬間「やべっ」「逃げるぞ!」と立ち去る。
呆然としていたAだが、助かったと気付き殴り倒されたBの側に寄るがBは冷たくなっていた。


929 名前:特攻天女2/2 :2012/09/17(月) 12:15:36.21
襲撃された時、少女はBに「彼女(A)のこと好き?彼女を助けたい?」と尋ねBが肯定すると
Bに刃物をつきつけ「だったら助けてあげる。あなたの命と引き替えに」と迫る。
BはAを助けたい一心で自ら舌を噛み切り自殺したのだった。

その後AとBの両親は警察に届けるが、証拠などが残っておらず捜査が進まない事、
未遂とは言えAの心の傷は深く思い出させるような真似をさせたくない事、
何よりBが「舌を噛み切り自殺した」事で殺人として立件できず
逮捕できたとしても犯人が少年少女では大した罪にならないとして泣く泣く届けを下げた。

その後Aは「自分が大人しくレイプされていればBくんは死ななかった」と心を病んで登校拒否になり
家族の隙を見ては自殺を図る鬱リストカッターになりはて
Cも最後に兄に言った言葉をずっと後悔していた。
それから数年後、犯人の三人に繋がる主人公と知り合い復讐に走るのだがそれはまた別の話。

最も後味悪いのはそういう「遊び」をやらかしておいて(レイプorリンチ)
しゃあしゃあと良い奴面で主人公とつるんでいる三人組か。
主犯の少女は海外で対戦車地雷で爆死し、少年の一人もホームレスに成り下がった挙げ句
どこかの国で野垂れ死にしたけどもう一人が粘りがちで主人公と結婚したんだよなあ…。


930 名前:本当にあった怖い名無し :2012/09/17(月) 12:22:19.94
もう一つ、個人的に後味悪い要素としてBは自分に自信がないため
Aが自分を好きだと気付いていなくて同情で付き合ってくれているだけだと思っていた。
そのため「Aのために」と簡単に命を投げ出せていた。
Aはもう少ししたらBにちゃんと告白するつもりだったから余計悲しい。

 

特攻天女 全30巻完結(少年チャンピオン・コミックス) [マーケットプレイス コミックセット]
特攻天女 全30巻完結
(少年チャンピオン・コミックス)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...