ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その133 » 闇のパープル・アイ(篠原千絵)

931 名前:本当にあった怖い名無し :2012/09/17(月) 12:50:38.86
闇のパープルアイ

16歳の主人公が幼なじみと相思相愛とわかり、付き合って間もなく自分の特異体質(豹に変身)に気づく
担任の女教師に相談したらサイコ教師で実験モルモットにしようと捕まる

幼なじみの恋人が救い出して、教師を焼き殺して難を逃れるが、
しばらくして、主人公は自分と同じ変身能力のある男と出会う
おまえの気持ちをわかるのは、同族の俺しかいないと男に言い寄られるが
幼なじみへの愛を信じると男を突き放す

その直後、主人公は初めて変身を目の当たりにした幼なじみが
ビックリしたのにキズつき気づいたら同能力の男の元に向かっていた

話を聞いて貰いたいと思っていたが一服盛られ寝てる間にレイープされる→しかも初体験
ショックで自殺しようとする主人公
しかし女教師が実は生きていて、自殺間際に捕獲される

捕獲されてしばらくして、主人公は体の異変に気づく→レイープ男の子供を妊娠、女教師も気づく
幼なじみが救いににくるが、主人公は逃げようとしない、むしろ放っておいてくれという態度

女教師は幼なじみの子供だと思っていたが、腹の子供が同族同士の純血種だと気づき
主人公より、子供をモルモットに欲しいと企む

その後、幼なじみは大体の事情を察し、自分が腹の子供の父親になるから生んでくれと諭され出産
しかし女教師が子供を奪おうとしたため、豹に変身し女教師に襲いかかり一緒に谷底に落ちて一部が完

第二部でも、幼なじみが育てた主人公の子供が成長して、
色々あって、主人公は幼なじみと子供が、幼なじみは主人公が生きているとわかり
一目逢いたいと願うが、幼なじみはピンチから子供を助けるために死亡
一足違いで主人公がその場に表れて幼なじみの死体と対面
子供を逃がすために炎にまかれて主人公死亡という鬱漫画


933 名前:本当にあった怖い名無し :2012/09/17(月) 13:14:36.04
闇のパープルアイってそんな鬱漫画だったのか…
ドラマは見てたはずだけど全く覚えてないわ

934 名前:本当にあった怖い名無し :2012/09/17(月) 14:04:11.71
主人公は母親がすでに亡くなってて
妹も変身能力がなくてサイコ教師の豹に食い殺されるんだよね

 

闇のパープル・アイ (1) (小学館文庫)(全7巻)
闇のパープル・アイ (1)
(小学館文庫)(全7巻)
闇のパープル・アイ 全7巻完結(文庫版)(小学館文庫)
闇のパープル・アイ
全7巻完結(文庫版)(小学館文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...