ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » 人魚姫(アンデルセン童話)

56 名前:本当にあった怖い名無し :2012/09/24(月) 01:29:05.09
嵐で荒れる海の中溺れた王子を助けて岸に上げるが
王子が目を覚まして自分の姿を見たら嫌われると思い
その場から離れた後ノコノコやってきた他国の姫が

姫「私が王子を助けたのよ」の嘘

その嘘を真に受けて結婚する王子
海底の魔女に声と引き換えに人間になれる魔法を
かけてもらい無事人間になるが王子の結婚に絶望してまた魔女に

人魚「元の人魚に戻した下さい」
魔女「王子の血を浴びれば人魚に戻るよ」

と言い人魚姫の美しい長い髪を短剣に変えてくれた魔女
しかし人魚姫は王子を殺すことは出来ず海に身を投げて自殺。

ここまでが絵本で知っていた内容、原作を見たらその後続きが有

「人魚姫の死後、人魚姫は空気の精となり天国に昇るが
その事に気づいた者は誰も居ない。」

最後まで救われない人魚姫に他国の馬鹿姫とこんな姫と
結婚するバカな王子に「悲恋」をテーマにした絵本なのに後味悪い・・・


58 名前:本当にあった怖い名無し :2012/09/24(月) 03:05:00.71
>>56
童話は、もともと口伝での、虐げられる人間側からのメッセージとかがベースになってる事が多い。
なのでオリジナルは大体後味が悪い。

65 名前:本当にあった怖い名無し :2012/09/24(月) 11:39:04.59
>>56
原作だと他国の姫は、倒れている王子を介抱したんだから
嘘はついてない。

それに人魚姫の一番の望みは「魂」を手に入れることで、
そのために王子と結婚したいと願うので、
彼女も純粋に恋愛していたのとは違う。

ついでに「命を助けてあげる=恋をする」わけでもない。
王子が人魚姫を命の恩人だと知ったとしても
友達以上には見られなかった可能性だって充分ある。

それに空気の精になった人魚姫の周囲には、
同じような空気の精がたくさんいて、彼女をはげましてくれる。
人魚姫は決して一人きりになったわけじゃない。

 

完訳アンデルセン童話集 2 (岩波文庫 赤 740-2)
完訳アンデルセン童話集 2
(岩波文庫)
人魚姫
人魚姫(絵本)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...