ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その134 » 好きな人の姓で呼んでもらえるって幸せ

754 名前:1/2 :2012/10/25(木) 23:14:44.92
もりゆきこのミステリ系レディコミ短編。
作者はホラー漫画家・森由岐子の夫で、妻の死後このPNを使うようになったそうだ。
ソースは唐沢俊一。

A子…スイーツOL。後述のA男と婚約中。
A男…有能な爽やかイケメン。社長の甥。後述のB子とは大学の同期で親友。
B子…二人の同僚。地味。

A子とA男はある日、婚姻届を提出した。しかし、A男はすでにB子と結婚していた。
なのにA男は心当たりがないと言う。
当人達の他、親族を巻き込んで大騒ぎ。

A男はB子を、同性の友人のように扱っていた=女扱いしてない。
酔った揚句にB子宅に転がり込み、そのまま泊まる事もしばしば。しかし二人の間に肉体関係はない。
B子はある日、酔ったA男に婚姻届を書かせていた。
「あたし昔からA男君の事が好きだったの。お願い、婚姻届だけ書いて。宝物にするから」
A男は酔っ払いなので、親友のお前がそんなに頼むんなら、と簡単に書いて忘れていた。

泣くA子、そういえば…と決まり悪い顔のA男、一人冷静なB子、
嫁入り前の(しかも付き合ってもいない)娘の家に転がり込んでいたのか!と憤慨するA男親族。


755 名前:2/2 :2012/10/25(木) 23:16:03.78
ここでB子が、A子は社長の愛人になってA男を紹介してもらったと爆弾発言。これは事実。
B子両親は情けなさに泣き崩れる。
吊るし上げを喰らったA男は、他に好きな人がいるので伯父の愛人とも親友とも結婚しない、と宣言する。

B子は、A男さんには幸せになってほしいから、と潔く離婚する。
しかし、本心は…
「女は離婚後も姓を選べるのよねウフフ」
「好きな人の姓で呼んでもらえるって幸せドゥフフフ」

喪女タヒね!


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...