ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » 化け猫レストラン/ハンバーグ、おいしかったですか(松谷みよ子)

250 名前:本当にあった怖い名無し :2012/11/14(水) 12:06:57.44
怪談レストランシリーズ2巻
化け猫レストランより

ある老女が夕暮れどきに洋食レストランに訪れる
ワインを飲みレストラン自慢のハンバーグに舌鼓をうちほろ酔いの彼女は会計後に
風にあたろうとレストランの裏口に回る
何か異臭に気が付くと同時に彼女は声をかけられる
振り向くとそこにはギャリソンの格好をした二本足で立つ化け猫が立っていた


251 名前:本当にあった怖い名無し :2012/11/14(水) 12:22:57.06
恐怖に震える老女だがまるで紳士的な態度を崩さない化け猫
化け猫は老女に「ハンバーグ、美味しかったですか」と問いかける
美味しかったと答える老女にニヤつきながら化け猫は
昔、戦時中にハンバーグを食べた記憶は無いか老女に問いかける

老女は若い頃友人の誘いであるレストランを訪れていた
肉など食べられなかった時代、その味はほっぺがとろけおちるほどだったと

化け猫は「そのレストランの裏口には沢山の猫の死骸が落ちていたんですよ」と言った


253 名前:本当にあった怖い名無し :2012/11/14(水) 12:29:32.12
そのレストランで老女が食べたハンバーグ猫の肉で作ったハンバーグだったのだ
吐き気を催す老女に猫は語る。
「私の母もハンバーグにされました。私は誓いました。絶対に人間に復讐してやると。
 私は長い年月を経てレストランを開きました。私のハンバーグ特別上等。滅多に食べられない。」
老女が気絶する寸前に見た物は裏口に溢れかえる見まごう無い人間の骨

「どうです、ハンバーグ美味しかったですか?」


254 名前:本当にあった怖い名無し :2012/11/14(水) 12:50:55.31
http://i.imgur.com/CS36o.jpg

因みに化け猫はこんな姿
当時小学生だったが買ったはいいが怖すぎて長い間和室の天袋に本を隠してた

255 名前:本当にあった怖い名無し :2012/11/14(水) 12:53:01.74
>>253
小学生の頃に読んだ記憶がある!
自分は化け猫が妙に好きだった

258 名前:本当にあった怖い名無し :2012/11/14(水) 13:24:51.35
>>251
猫肉ハンバーグ!?日本で?…と思ったら
ちゃんと「戦時中」と書かれていたのか。

260 名前:本当にあった怖い名無し :2012/11/14(水) 14:03:58.52
ばーちゃん騙されてネコ食わされたうえに祟られるのか

 

化け猫レストラン (怪談レストラン)
化け猫レストラン (怪談レストラン)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...