ホーム » その他 » 事件・事故 » 脳スキャンを使い、12年間植物状態だった男性との対話に成功

464 名前:本当にあった怖い名無し :2012/11/20(火) 06:01:53.81
脳スキャンを使い、12 年間植物状態だった男性との対話に成功
ttp://slashdot.jp/story/12/11/19/0136215/
Western Ontario 大学の Adrian Owen 教授が、
12 年間植物状態と診断されてきた男性と、MRI を使って対話することができたとのこと。
Owen 教授が男性に幾つか質問したところ、脳スキャンを通して脳が部分的に光ったため、
「痛みを感じていない」など男性の考えを知ることができたのだそうだ
(BBC News の記事、thestar.com の記事、本家 /. 記事より) 。

自動車事故により脳に重度の損傷を受けた Scott Routley 氏 (39 歳)
は、
目は見開かれたまま物理的な反応がないため植物状態と診断されてきた。
これまで植物状態と診断された場合は、自分及び周囲環境を認識できていないとされてきたが、
今回の実験により、Routley
氏には意識があり、
自分が誰であり、何処にいるのを認識できていることが明らかとなった。

>Routley 氏には意識があり、自分が誰であり、何処にいるのを認識できていることが明らかとなった。

ここが結構きた


465 名前:本当にあった怖い名無し :2012/11/20(火) 06:25:19.75
医者や看護士が病室内で心ない会話(この患者は絶望だなとか)してたり
もしかしたら家族も残酷な本音(いっそ死んでほしいとか)を漏らしてたり
そういうのを黙って聞いてたかもしれないと思ってしまった…

466 名前:本当にあった怖い名無し :2012/11/20(火) 09:41:46.11
例えそんなことはなく労りや励ましの言葉だけをかけられていたとしても
12年も意識だけはそのままで体を動かすことも話すこともできず…ってきついだろうな

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...