ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その135 » 三丁目の夕日/おじいさんの旗(西岸良平)

694 名前:本当にあった怖い名無し :2012/11/28(水) 20:12:32.35
初期の三丁目の夕日にあった話

一平ら小学生3人は毎日踏切をくぐって路線で遊んでいた
当然踏切番に怒られるんだけどそんなのどこ吹く風でまた遊ぶ
親に言えばいいのに美人の奥さんの前だと照れて世間話しか出来ない
ある日、小学生たちは今日も路線で遊ぶが一人の足がレールに挟まって抜けなくなってしまう
踏切番は電車を止めようとするも間に合わず、レールから引っ張っって助ける
だが踏切番は敷かれて死ぬ
あれ以来小学生三人は線路遊びはやめた

小学生中学年だってことを踏まえても初期のこいつら結構ゲスい

 

夕焼けの詩―三丁目の夕日 (3) (ビッグコミックス)
夕焼けの詩―三丁目の夕日 (3)
(ビッグコミックス)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...