ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その135 » サマーナイトメア(藤森幹)

705 名前:本当にあった怖い名無し :2012/11/29(木) 00:58:06.09
10年くらい昔のなかよし増刊号に載ってたホラー漫画

女子高生の主人公が友達と夏休みに離島のリゾートに訪れる
なんだかんだあって道に迷ったか遭難だかして、謎の研究施設に迷い込む
不気味な部屋を恐々回っていると、ある部屋に閉じ込められてしまう
するとおびただしい数の蜘蛛がどこからともなく現れ、二人に襲いかかってくる
ちょうど一人分隠れられるカプセルがあったが、友人は「私蜘蛛キライだから!」とか言って
自分だけ助かろうと主人公を押しのけてさっさと入ってしまう
絶望する主人公。
しかしカプセルの中で凄まじい電撃が発生し(この時の友人の顔がトラウマ)その衝撃で蜘蛛たちは逃げる
助けようとカプセルをこじ開けると、友人はアザだらけになりながらも何とか無事だったので
二人で何とか頑張ってその部屋からの脱出に成功する

逃げ回っているとついに小さなボートを発見する
これで逃げられる!と喜ぶ二人だったが何だか友人の様子がおかしい…
苦しんでいるかと思ったら、グロテスクな音をたてながら巨大蜘蛛に変貌してしまう
びびる主人公。さっきのカプセルのせいか!とか考えていると、
武器を持った施設の職員に囲まれ友人が撃たれて倒れてしまう
秘密を知られたから死んでもらうとか何とか言われ
主人公も殺されそうになった時、友人が瀕死の体でかばい盾になる
「さっきは一人だけ助かろうとしてごめんね…主人公だけでも逃げて」と蜘蛛の目から涙を流しながら
ボロボロの体で職員たちに立ち向かっていく友人
主人公は泣きながらボートに乗り、からくもその場から逃げることに成功した

その後主人公は数週間漂流するが、無事救助される
医者は「こんな状態で助かるなんて奇跡ですよ」と話しかけるが、主人公は真っ暗な目で
「いいえ、絶望です」と答える
その腕には友人と同じアザが…

うろ覚えですがこんな話でした。
正直絵はあまり上手ではなかったのですが、それがかえって不気味な感じを倍増させてました。


706 名前:本当にあった怖い名無し :2012/11/29(木) 01:02:11.66
トラウマになる程の友人の顔が気になるなw

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...