ホーム » 小説 » その他書籍 » さびしいまる、くるしいまる。(中村うさぎ)

65本当にあった怖い名無し:2012/12/11(火) 19:07:16.79
中村うさぎのホストについて綴ったエッセイ

恋愛感情を否定し、ホストAがどれほど純粋かをくどくど語り、
ホストAがいないと生きていけないくらいのめり込み、
夫の親が危篤でもホストクラブでどんちゃん騒ぎ。
ホストクラブは嘘で塗り固めたそんな店ではなく、
実際はもっと純粋な云々…と語り
各方面から借金しまくってホストAに注ぎ込み
本編はホストたちのお陰で、寂しく醜い私が
いかに満たされたかを語り、締め括られた。
ホストAのチ○コなんていらん(ホントにこう書いてあった)
恋愛感情もない!と言っておきながら
あとがきでアッサリ肉体関係を結んだことを書き
温泉旅行でセクロス。純粋と思ってたホストAは
金を搾るため枕営業しまくってた。
セクロスしたことをTVで喋ったため
ホストAが中村ウサギのマンションに凸。警察沙汰。
中村ウサギの本を読み、興味からホストAに
関わった読者がのめり込み自殺未遂。


66本当にあった怖い名無し:2012/12/11(火) 19:10:19.23
全編渡って理解不能だが最後の二行が特に酷い

67 本当にあった怖い名無し:2012/12/11(火) 19:42:17.13
>>65
まったく意味が分かりませんでした
特に最後の一文

中村なんとかがアレなのはわかりましたがw

 

さびしいまる、くるしいまる。 (角川文庫)
さびしいまる、くるしいまる。 (角川文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...