ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » 極楽はいやじゃ

169本当にあった怖い名無し:2013/01/22(火) 21:26:17.46
思い出したが「日本昔話」にこういう話があった

父母のいない少女が農家に引き取られ、奴隷の様に働かされる
毎日疲れているが、働かないと他に行く所が無い
一生懸命働く、そして過労で死んでしまう。

死後の世界、閻魔大王の審判の場に出される
閻魔は少女の生前の行動を大きな鏡に写して善悪の判断をつけようとするが
閻魔大王は大粒の涙を流し嗚咽する。結局、少女は極楽へ行くよう閻魔が判決を下す。
すると少女は、泣きながら
「おら、極楽はいやじゃ」
「一生懸命 働かんと家追い出される、、、」

後味の悪い話なのか、良い話なのか未だに意見が分かれるエピソードだ。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...