ホーム » 体験談 » その他体験談 » なんば駅のホームレス

648本当にあった怖い名無し:2013/02/07(木) 22:35:27.71
自分の後味悪い話
もしかしたら叩かれるかもしれないようなこと

自分は大学のころからほぼ毎日N駅を利用している。
Nは自分の住んでいる府の中でも中心的な街の一つで、
複数の私鉄や地下鉄、国鉄の路線が駅を持っている。
当然、人通りが多く、なかにはホームレスもちらほら見かける。

そのホームレスは、地下鉄のN駅の周辺に住み着いていて、
地下街をうろついているところも何度か見たことがあるけれど、
たいがいは地下鉄N駅の前の通路の壁にもたれて座っているおっさんだった。
おっさんは、他のホームレスのように空き缶集めをしたりして日銭稼いでいる様子もなく、
いつも片腕を「いーとまきまき」をするように回しながら意味不明なことを言っていた。

つい1ヶ月前のこと、会社の帰りにおっさんのいる地下通路を通っていたら
おっさんの様子がおかしいことに気が付いた。
通路にもたれて座っていたんだけど、顔は俯いていて見えず、
足は投げ出されたまま、腕もだらんとさがっていた。
直感で「死んでいるんじゃないか」と思った。
でも顔は見れないし、「生きてますか?」なんてさすがに聞けない。
結局、2・3回おっさんの前を行ったり来たりしただけで、
警察や駅員さん(厳密には駅の改札外だから駅員さんの管轄外)を呼ぶこともなく
そのまま私鉄に乗って帰ってしまった。
それから、やはり毎日その通路を通っているけど、おっさんはいない。

やっぱり自分が見たのは死体だったんだろう。
今の日本で死体を見つけたらどうすべきか分かっている。でも結局見て見ぬふりして通り過ぎた。
正直言うと、おっさんが汚いってことやいつも意味不明なことを言っていて怖かったってのもあるが、
あれから通路を通るたびに後ろめたい気持ちになる。


671本当にあった怖い名無し:2013/02/08(金) 13:07:45.13
>>648
N駅って、な○○かなぁ
自分も通勤で毎日利用してるけど、
書いてるような片腕を回してるホームレスの人いたんだよね
でももう随分見てないから違うかな
地下鉄改築の囲いが出来るよりもっと前から見なくなったから
多分半年以上は見てないし

678 本当にあった怖い名無し:2013/02/08(金) 23:29:33.02
>>671
紺(黒)のキャップを被った髪も鬚もボサボサで、日焼けと垢で黒い顔をしていた小柄な人

多分同じ人だと思うけど、確かに先月の出来事
ここ半年どうだったか知らないけど、確かに先月も座っていたよ


731 本当にあった怖い名無し:2013/02/10(日) 00:21:19.42
>>678
>紺(黒)のキャップを被った髪も鬚もボサボサで、日焼けと垢で黒い顔をしていた小柄な人

あーたぶん同じ人だな
地下鉄M線の券売機の前の柱が所定の位置だったけど、囲いができて移動してたんだね
もうずっと昔から、それこそ10年以上前からいたと思う
最初は腕があんな風にはなってなかった
アル中になったのかなって思ってた
そうか、あの人亡くなったのか


746 本当にあった怖い名無し:2013/02/11(月) 00:06:07.72
>>731
正直、汚いし怖いって印象しかなかったが、
学生時代から7,8年の間そこにいるのが当たり前だったからか、
通る度に後味悪い気持ちになる。

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...