ホーム » アニメ・ゲーム » ゲーム » アサシンクリードIII

168本当にあった怖い名無し:2013/03/01(金) 18:03:37.02
人気ゲームの完結編、「アサシンクリード3」
自由な世界を築くためには殺人も辞さない「アサシン教団」
秩序ある世界を築くなら支配者が必要という「テンプル騎士団」
この2つの秘密組織の、1000年近くにわたる暗闘を描いたゲーム

シリーズ通しての主人公は、アサシンの末裔デズモンド・マイルズ
テンプル騎士団に監禁され、「祖先の記憶」をバーチャルに
体験させる機械「アニムス」の被験体とされていた

テンプル騎士団の目的は、「人類以前の文明(第一文明)」の力を手に入れること
科学技術と組み合わせれば、人類すべてを洗脳することも可能になる


169本当にあった怖い名無し:2013/03/01(金) 18:06:16.56
1作目は12世紀エルサレムのアサシン「アルタイル」
2作目は15世紀のフィレンツェに生きた「エツィオ」
デズモンドは、この2人の記憶のなかで「第一文明人」からのメッセージを受け取る
「第一文明人」は、2人の記憶がデズモンドにつながることを知っており、
「第一文明」を滅ぼした太陽フレアバーストの脅威を警告
デズモンドに、人類を救う責任までも負わされることとなった

ここから3の話
「現代編」では、遺跡(太陽フレアを防ぐバリア装置)を起動させるため、テンプル騎士団と戦う
「過去編」は、18世紀のアメリカ、独立戦争時代のアサシン「コナー」の記憶から、遺跡のカギを探す


170 本当にあった怖い名無し:2013/03/01(金) 18:09:32.79
コナーは、テンプル騎士団メンバーの「ヘイザム」を父に持つネイティブアメリカン
幼少時に、村が焼き打ちされ、母を失う
青年となり、村に伝わる水晶玉(第一文明の遺産の一部)から、
“人々に平和を与える使命を持っている”という預言を受け取る
その言葉に従い村を出たコナーは、アサシン教団のもとで成長していくこととなる

「部族のみんなを守りたい」
その願いを叶えるために、コナーはアサシンとして戦争に身を投じる
独立軍に協力し、自分たちネイティブアメリカンの解放も勝ち取るのだ


171 本当にあった怖い名無し:2013/03/01(金) 18:14:40.57
ボストン茶会事件、ワシントンの暗殺阻止など、コナーは歴史の裏で活躍
アメリカ市民との交流も通じて、やはり自分は人々の自由と平和のために戦うのだと意思を固くする
父親であるヘイザムと、戦争を食い物にする一派に対して共闘もした

だが結局、父と相いれることもなかった
対抗勢力がなくなればイギリスの支配こそ平和をもたらすというヘイザム
しかし、市民と部族の皆の苦しみを目にしているコナーには、その話が信じられない
最後には、テンプル騎士団の指揮官だった父を、コナー自らの手で殺害する


172 本当にあった怖い名無し:2013/03/01(金) 18:17:37.95
戦争が終わり、生まれ育った村へ戻るコナー
しかし、村の土地は資本家に奪われ、部族の皆は遠くへ去っていた
残されていた水晶玉を手にすると、ふたたび「第一文明人」の幻が現れる
「自分の戦いは何のためだったのか」とコナーは問いかけるが、
「納得できる時は来ないだろう」と一蹴される

そして、現代のデズモンド
コナーの隠したカギを発見し、遺跡を起動させる
そこで、第一文明人の幻から滅亡の裏側を聞かされる
第一文明でも、地球全体を覆うほどのバリア装置は完成できなかった
バリアで救われるのは一部の人間のみ、文明の大部分は崩壊するだろう


173 本当にあった怖い名無し:2013/03/01(金) 18:19:59.70
さらに、罠が仕掛けられていた
遺跡を起動すれば、保存されていた「第一文明人」のデータにデズモンドの意識は乗っ取られる
太陽フレアが地球を襲った後は、デズモンド(=第一文明人)が人々の指導者となり、
「第一文明の復興」を目指すのだ

デズモンドは仲間を守るため、遺跡を起動して倒れる

場面は切り替わり、ラジオニュースが流れる
太陽フレアによる大災害は、世界中に広がった
被害は、まだどこまで広がっているのかわからない…


174 本当にあった怖い名無し:2013/03/01(金) 18:24:15.98
EDで示されたのは、デズモンド自身がテンプル騎士団と同じように、人々を操る未来
コナーは、使命感に燃えてたのに、誰かにそそのかされてただけの人生
与えられた使命は、第一文明人のふみ台でしかなかった

今日、次回作の発売が発表
「完結編」というのは、「デズモンドの物語」が終わりという意味だったそうな
でも、ナンバリングが変わったので「コナーの物語」も終了
壮大にしすぎたせいで、1・2・3の主人公たちの戦いがほぼムダになってる
「この犠牲もいつか来る平和のために」と、
悩みながら手を汚していく主人公たちに感情移入していた分、とてもとても後味が悪い

 

アサシン クリードIII【CEROレーティング「Z」】[18歳以上のみ対象]
アサシン クリードIII
【CEROレーティング「Z」】
(PS3版)
[18歳以上のみ対象]
アサシン クリードIII 日本語版(PC版)
アサシン クリードIII
日本語版(PC版)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...