ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その139 » シラノ・ド・ベルジュラック(エドモン・ロスタン)

222本当にあった怖い名無し:2013/04/21(日) 22:17:08.04
戯曲「シラノ・ド・ベルジュラック」

17世紀、フランスに実在した剣豪であり作家のシラノ・ド・ベルジュラック。
類まれなる剣と文学の才能を持つ彼だったが、たったひとつコンプレックスがあった。

それは、丸く大きな鼻。
その醜い容姿でからかわれる事も多く、シラノは人知れず悩んでいた。

ある日、
彼はひそかに恋焦がれていた美しい従姉妹、ロクサーヌの恋の相手が、
美男子で有名なクリスチャンである事を知らされる。
しかし、クリスチャンは言葉が貧しく、
ロクサーヌに気の利いた愛の言葉を囁くことが出来ない。
シラノは愛するロクサーヌのため、また親友クリスチャンのため、
自分の文学の才能を生かし、クリスチャンの代わりに
バルコニーの下から愛の言葉をロクサーヌへ伝える。
こいしてシラノは二人の仲を取り持つのだった。


223本当にあった怖い名無し:2013/04/21(日) 22:18:11.68
愛を深めていく二人。
しかし、妻子のいる貴族、ド・ギッシュ伯爵がロクサーヌへ横恋慕する。
クリスチャンに嫉妬した彼は、クリスチャンをアラスの戦場へ送り、
殺そうとするが、シラノはなんとしてもクリスチャンを守りぬき
二人の愛を成就させようと決意する。

戦場でもシラノはクリスチャンのかわりに、
毎日ロクサーヌへ送る恋文を書いてあげる。
恋文に惹かれて戦場へ慰問に来たロクサーヌは、
「はじめはクリスチャンの美しい容姿に惹かれた。
 けれど今は恋文が伝えるあなたの人柄を愛している」と告げる。
しかし、恋文の作者はシラノであり、自分ではない。
絶望したクリスチャンは自ら前線に出て行き、壮絶な死を遂げる。
最後に「彼女が愛しているのは君だ」という言葉をシラノに残して。
悲しみにくれるロクサーヌだが、まだ恋文の作者が誰かは知らない。

ロクサーヌは俗世をはなれ、修道院で暮らしていた。
シラノは土曜日ごとにその修道院を訪れ、
毎週の出来事を報告することを習慣としつつ、
ロクサーヌを慰めていた。


224 本当にあった怖い名無し:2013/04/21(日) 22:19:43.77
15年後のある日、シラノはいつものように修道院へ向かうが、
その途中、刺客が彼の頭に材木を落とし、シラノは頭部に重傷を負う。
しかしそのままシラノはロクサーヌのもとへ行った。
この日、ロクサーヌははじめてクリスチャンからの恋文を見せてシラノに読ませる。

日が暮れて手紙を読めないような暗さになっても、シラノはすらすらと手紙を読む。
そしてその声が、かつてクリスチャンとの逢瀬の際、
バルコニーから聞いた声であることにロクサーヌは気がついた。

頭部の傷のせいで瀕死のシラノを腕の中に抱きかかえ、
ロクサーヌは必死にシラノの名前を呼ぶ。

「あの世へ、私が持っていくものが一つだけある…」
「シラノさま、それはなんですの?」
シラノは目を開けてかすかに笑い、ロクサーヌを見つめていった。
「それは、変わらぬ愛」(これは俺が読んだVer。「心意気」という訳が一般的)

おい、結局誰も報われてへんぞと初めて読んだとき思った。


226 本当にあった怖い名無し:2013/04/21(日) 22:36:38.56
誰も報われていないが美しい話だと思った
まとめうまいね

228 本当にあった怖い名無し:2013/04/21(日) 23:12:37.10
>>222
こないだ鹿賀丈史の舞台で観た。
純粋な愛で感動した。
でも一番泣いたのは、ロクサーヌの人の真実を知ったあとの歌。
あの歌はすごかった。

 

シラノ・ド・ベルジュラック (岩波文庫)
シラノ・ド・ベルジュラック
(岩波文庫)
シラノ・ド・ベルジュラック (光文社古典新訳文庫)
シラノ・ド・ベルジュラック
(光文社古典新訳文庫)
シラノ・ド・ベルジュラック ジェラール・ドパルデュー Blu-ray(映画)
シラノ・ド・ベルジュラック
ジェラール・ドパルデュー Blu-ray(映画)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...