ホーム » 小説 » その他書籍 » 因果鉄道の旅/内田研究とビッグバン(根本敬)

117本当にあった怖い名無し:2013/07/16(火) 11:24:03.05
特殊漫画家・根本敬の学友のエピ。

大学の学友Aは、同年代の女子とはまともにしゃべれない熟女専だった。
Aは近くの大衆食堂のおかみさんを口説いてセフレからヒモに昇格し、食堂を潰した。
熟女専といっても、そのおかみさんはぶすで両手に障害があって、
でも障害年金を受け取らずに食堂を一人で切り盛りして娘を育てていた。
ババアでもオ○コの味を忘れられなかったらしく、Aと昼間っからサカって食堂はほったらかし、
食堂を畳んで障害年金をAに貢ぎ、娘は進学を諦めて中卒で働くはめになった。

その後のAは相変わらず熟女専で、しなびたババア(おばさん)を見れば
「おねえさん可愛いねぇ~ボクとお茶しない?」とナンパしてたという、
罪悪感のかけらも感じられない後日談も後味悪い。

 

因果鉄道の旅 (幻冬舎文庫)
因果鉄道の旅 (幻冬舎文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...