ホーム » 小説 » その他書籍 » PC批評

348本当にあった怖い名無し:2013/07/23(火) 15:50:21.93
昔のPC批評って雑誌。
広告は原則入れないで、ひたすら客観的に
製品等を評価ってのが謳い文句だった。

で、そこにメーカー型式名指しで取り上げらたPC自作用のケース、
正確にはそのケースについてる電源の問題。
ひどい電磁波が出ていて、頭痛や体調不良が頻発する、とか何とか。

次の号で検証してたが、
二重妄検も何もあったもんじゃない、どれがどの電源か丸見えの状態で、
これだけ電磁波がヒドい(計測もなし)で、頭が痛くなった、気分が悪い、とか連呼。
当時、俺はPCパーツ屋の店員だったんだが、
そのメーカーの営業来た時に思わず
「これ、訴えたほうがいいんじゃない?」とか言ったレベル。
ちなみに、電源はOEMで、
他社のケースにも多分同じだと思われる電源は入っていたんだが、
そっちはガン無視。

流石に、色々と抗議とかあったらしく、
その次の号でちゃんとブラインドテストで再検証、
結果他社と特に変わらんって結論で、担当ライターが謝罪文を書いてた。
「但し、電磁波の危険性を訂正する気はない」とか捨て台詞付きで。

歯に衣着せぬって方針はご立派なんだが、
これじゃ2ちゃんよりひでーわ、と呆れ果てたわ。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...