ホーム » 小説 » 小説/タイトル不明 » 戸川幸夫の短編

160本当にあった怖い名無し:2013/08/28(水) 07:50:48.04
戸川幸夫の短編

子供達が草原で鳥の巣をみつけ、ひなが可愛いからと家に連れて帰る。
それを見た親が「ひな鳥の親の気持ちを考えろ」と激怒し、返してくるように言いつける。

しかし草原のどの辺に巣があったかなどわかるはずもなく、
とほうにくれた子供達は、近くの石垣の隙間にひな鳥を置いて帰る。

次の日子供達が見に行くと、ひな鳥は死んでおり、蟻がたかっていた。


169本当にあった怖い名無し:2013/08/28(水) 11:00:24.81
>>160
似たようなこと経験あるから後味悪い

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...