ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その143 » ビアトリクス・ポター

32本当にあった怖い名無し:2013/09/18(水) 01:47:57.80
ピーターラビットの作者、ビアトリクス・ポターの生涯を連想した

地衣類が菌類と藻類の共同体であることを最初に発見するも、
女性の学者は認められていない時代
仕方なく彼女の叔父が代理として学会に発表する

その後両親から女が学問などすべきでない、と執拗に家事を押し付けられる
不憫に思った叔父が植物園の仕事を紹介してやるも、
園側から女は採らないと不採用通知が来る

自然への情熱を込めた風景描写が売りの『ピーターラビット』制作
各出版社へ売り込みに行くも門前払い

ようやく受け入れてくれた出版社の担当と恋仲に
両親から猛烈な反対を受けるも無理矢理婚約
が、結婚前に担当(婚約者)死亡
地道に生きる

再婚、またも両親から猛烈な反対
土地売買に広く手を出す
農業に専念するため絵本制作は止める

死後数十年経って学会からその功績を認められる

 

ビアトリクス・ポター―描き、語り、田園をいつくしんだ人
ビアトリクス・ポター
描き、語り、田園をいつくしんだ人
ビアトリクス・ポターの生涯―ピーターラビットを生んだ魔法の歳月
ビアトリクス・ポターの生涯
ピーターラビットを生んだ魔法の歳月


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...