ホーム » アニメ・ゲーム » アニメ/あ行 » 黄金勇者ゴルドラン/第37話「さらば黄金勇者-レジェンドラよ、永遠に-」

149黄金勇者ゴルドラン 37話 さらば黄金勇者-レジェンドラよ永遠に-:2013/09/21(土) 07:53:34.22
元気いっぱいで好奇心旺盛なタクヤ、おおらかで心優しいダイ、メンバー1の切れ者のカズキ
そんな3人の少年が、ひょんなことから黄金の勇者(巨大ロボ)「ドラン」を目覚めさせる
タクヤ達はドランと共に宇宙の果てにある黄金卿「レジェンドラ」を目指して、
果てしない旅に出るのだった

レジェンドラへの旅を続けるタクヤ達
だが、次の惑星にはでかでかと「レジェンドラ」と書いてあった
突然のことに驚く一行だが、とりあえず降りてみると、そこで熱烈な歓迎を受ける
また、レジェンドラの王からも労いの言葉をかけられた
どうやらここがレジェンドラで間違いないようだ
すっかり気を良くするタクヤ達と対照的に、勇者たちは浮かない顔だった
旅が終わった以上、彼らは力を失う
勇者たちは静かにタクヤ達の前を去っていった
それに気づいたタクヤ達は、勇者たちのことを、絶対に忘れないと誓う…

だが、宇宙にはレジェンドラへと続く光のレールが、まだ伸びていた
更にドランがタクヤ達の元に現れた事で、この星がレジェンドラではなかったと気づく
ここはソドラという星で、住人はすべてハニワのような生き物だった
ソドラ王の目的はレジェンドラに向かう者をここに足止めし、
代わりに自分がレジェンドラに向かうことだった
慌ててソドラ王を止める勇者たち
偽物相手に苦戦しながらも、なんとかソドラ王を倒すことができた

反省したソドラ王が、タクヤ達にささやかな詫びをして彼らを見送る
そこに部下から、「次の船団が来ました」との報告が入った
「よーし、今度こそ騙すぞ!」と、全然懲りてないソドラ王は、また変装をして意気込んだ
だが、それは冷徹非道の悪役、シリアス=ワルザックの艦隊だった
親指を立て、首を切るポーズをするシリアス
そこで物語は終わり、ソドラがどうなったのかは語られていない

まぁ、ソドラ王も悪役だったけど、死なすほどじゃなかったよなーって思った
文章じゃ伝わらないけど、全体的にパロディやメタネタも多いギャグチックな作品だけに、
このラストは心に残った


150本当にあった怖い名無し:2013/09/21(土) 09:25:29.03
※149
あれはギャグの回だからきっと生き残ってるよw

味方のロボットと(茶色一色で塗られてる以外)同じロボットが出てきて
ソドラ王「こいつらは元のお前たちより1.25倍強いのだ~!」
主人公「くそうどうやっても勝てない!1.25倍強い!」

ソドラ王が偽の機関車に乗って
「冒険が~は~じまる~ドキドキが始まる~」
ってOP歌いながらレジェンドラに出発したり

 

黄金勇者 ゴルドラン BRAVE-BOX [DVD]
黄金勇者 ゴルドラン BRAVE-BOX [DVD]


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...