ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その143 » 猟奇刑事マルサイ/プロジェクトX・挑戦者たち“地底の星”(大越孝太郎)

3851/2:2013/09/27(金) 10:08:51.20
大越孝太郎のエログロ漫画「マルサイ」シリーズの一編

あるベンチャー企業が、家庭向け核シェルターを開発した。
安全性を確認するために、新婚の若手社員に一年間夫婦でシェルター内で生活させる事になった。
シェルターは地下に設置するタイプで、換気や通信もしっかりしている。
奥さんは、長いハネムーンだのアダムとイブみたいだのと喜んでいる。

最初のうちはよかったが、会社が倒産した上に
シェルターを国有林に勝手に埋めたのがばれるとまずいからと、逃げられてしまう。
さらに大地震が来て、通信も排水もいかれてしまい汚水があふれる。

数ヵ月後、会社の連中がやっと自首したのでシェルターを掘り起こす事になった。
しかし季節は冬。
だだっ広い草地に雪が積もり、目印がなくなってどこだかわからない。


3862/2:2013/09/27(金) 10:12:24.22
なので、異常犯罪専門チーム「マルサイ」の特殊技能を持つ女刑事が出動した。
(ハーフ美女、通称チェリー。警察犬以上の嗅覚と味覚の持ち主)

一面の雪野原でなんとかシェルターの場所を嗅ぎ当てたチェリーは、
「見つかったんだからもう用済みよね?帰っていいわよね?」
と、なぜか逃げ腰。
(換気口がどうなってたのかは忘れた)

帰り道、チェリーの独白。
…あたしが嗅ぎ当てたのは、若い男性の死体の腐臭と若い妊婦の体臭…
…若い男性の死体を食べた妊婦の体臭と口臭、死体を消化した排泄物の悪臭も…

シェルターのドアを開けると、餓鬼のように痩せこけた狂った妊婦が飛び出した。
食料が汚水に沈んだので、妻は夫の死体を食って生き延びたのでした。


388 本当にあった怖い名無し:2013/09/27(金) 13:30:38.43
>>386
最後、女は赤子を抱いてたよ
旦那の遺骨でオナニーしながら飛び出してきたw

 

猟奇刑事マルサイ
猟奇刑事マルサイ


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...