ホーム » 体験談 » その他体験談 » 近所のおばさんのお父さんの話

828本当にあった怖い名無し:2013/11/11(月) 20:34:10.04
うちの近所は、神奈川県でも有名な高級住宅街。
しかし、元は渡来系の民族が多く住む
いわゆる「部落」だったらしい。

その渡来人の子孫で、広大な山や谷を持っていた地主が
近所のおばさんのお父さんだったらしい。

しかし昭和の後期になって、
その土地を売ってくれと不動産業者がやってきた。
なんでも開発のため、山を切り崩して住宅街にしたり
電車を通したりしたいらしい。

しかし先祖伝来の土地を「はいそうですか」と渡せるはずはない。
それに山を切り崩すと、神社を移さなければならない。
なので断り続けたんだが、不動産屋はしつこく迫ってきた。

そしてとうとうある日、
町内会の旅行でお父さんが家をあけている間に
不動産業者はブルドーザーを無許可でその山に乗り上げさせて
あっという間に平らな土地にしてしまった。

お父さんは警察に駆け込んだんだが、
すでに業者の手が回っているらしく何もしてもらえず、
結局事後承諾の形で二束三文で手放すことになった…という話を聞いた。


829本当にあった怖い名無し:2013/11/11(月) 20:41:07.95
最新式の重機でも、山をあっという間に更地にするのは無理だとおもう

830 本当にあった怖い名無し:2013/11/11(月) 20:42:46.09
正確には3日くらいだったみたい。
あと、地元では山と言っていたけど
(地名に山がつくから)
厳密には小さな丘くらい。

832 本当にあった怖い名無し:2013/11/11(月) 21:17:41.71
オカルト話にしたかったのかもだけど
高級住宅地も部落も渡来人も 意味がないから不要じゃない?
よくあるバブルの頃の土地開発。

神奈川で昭和の後期に鉄道通した自称高級住宅地って
田舎のままの小田急多摩線?


834 本当にあった怖い名無し:2013/11/11(月) 22:45:18.85
戦後のどさくさならいざ知れず
昭和後期に他人の土地を勝手に好き勝手しといて
公的機関がだんまりとかありえないんだけど

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...