ホーム » テレビ » ドラマ/か行 » 仮面ライダー龍騎/第32話「秘密の取材」

855本当にあった怖い名無し:2013/11/12(火) 23:46:15.54
仮面ライダー龍騎より

仮面ライダー龍騎は全部で12人の仮面ライダーが登場し、
全員で殺し合いをして、最後まで残った一人が何でも1つだけ願いを叶えてもらえる。

仮面ライダーは鏡の中の世界「ミラーワールド」に生息するモンスターと契約して、
その力を使わせてもらう代わりに、餌を与えなければいけない
モンスターの餌は別のモンスターを殺した時に出てくるエネルギーか、生きた人間のどちらか
もしも食料を与えるのを怠ると、ライダー自身がモンスターの餌になってしまう。

ライダーの中には
「昏睡中の恋人を回復させたい」「死んだ姉を蘇らせたい」という切実な願いを持つものから、
「大金がほしい」「殺人を隠蔽したい」などの下衆な願いを持つものもいる

そんな中で一番凶悪なライダーが「仮面ライダー王蛇」
こいつは特に願いがあるわけではないが、
「殺し合いをしてる時が一番楽しい」という理由だけでライダーになる。


856本当にあった怖い名無し:2013/11/12(火) 23:46:50.46
王蛇はモンスターに餌を与えるのを怠って、モンスター達は王蛇を食う寸前、
それに王蛇は殺したライダーのモンスターを無理やり奪っていて
そのモンスターが主人の仇を取ろうとしてるので、契約違反になるのを待ち望んでいる

そこで、モンスターが付け狙っている少女をマークして
モンスターを仕留めて餌を与えようとしているのだが
少女は王蛇がモンスターから守ってくれていると誤解する。

そのため、空腹で王蛇を食おうとするモンスターから少女は王蛇を身を挺して護り、
傷ついた体で王蛇に守ってくれたお礼の花を手渡し気絶する。
しかし王蛇はモンスターが現れたとわかるとその花を放り投げて変身し
モンスターを仕留めて、自分のモンスターの餌をゲットする、

しかし主人公のライバルである「ナイト」と「ゾルダ」が、
王蛇のモンスターが餌を食べようとするのを妨害し、何が何でも王蛇を殺そうとするのだが、
主人公の「龍騎」が甘くって逆に二人を妨害して、王蛇のモンスターに餌を与えてしまう。

その龍騎に王蛇が
「あのガキは囮に使っただけだけどそれが何か?」的な態度をとって帰っていく
龍騎は王蛇のモンスターに餌を取らせたのは
「あの子には王蛇が必要だった。」と弁明するが
ナイトは「でも王蛇は誰も必要としていない。」と反論する。

展開的には「もしかしたら王蛇にも良い所が?」っていう感じでやっぱりクズだったし
何より少女の気持ちが報われない、
あと個人的に、「ここで死んでればゴローちゃんが死ぬこともなかったのに」って考えてしまう


858 本当にあった怖い名無し:2013/11/13(水) 00:17:21.37
ゴローちゃんて誰か分からないが冥福を祈る
涼平は好きだ

859 本当にあった怖い名無し:2013/11/13(水) 00:19:42.14
ゴローちゃんは今のライダーで坂東さんの役やってる人だな
王蛇は実はいい人だったとかが皆無なので逆に後味いいわ俺
実の弟もエサにするくらいだし

866 本当にあった怖い名無し:2013/11/13(水) 07:48:08.29
>>858
ゴローちゃんっていうのはゾルダの秘書(ゾルダは弁護士)ね
ゾルダは不治の病に侵されてるから勝利することで治そうとしている

で、ゾルダは凄腕の弁護士なんだけど、
王蛇の裁判では前科がありすぎてさすがに無期懲役より軽くできなかった
そのせいで王蛇からは逆恨みされてて、因縁の相手って感じになってる
(ちなみに劇場版だと、王蛇の被害者の遺族がライダーになってて、
 こちらも王蛇を弁護して生かしたゾルダを恨んでいる)

ゾルダは王蛇と決着をつけようと考えたんだけど、終盤で戦闘じゃなくて病気で死んでしまう
それでゴローちゃんが代わりにゾルダに変身して王蛇に立ち向かうんだけど、負けて死亡

対する王蛇も自分が殺したゾルダがゴローちゃんで、
元のゾルダがもう死んでいたってことを知って自棄になる
それで「抵抗するなら射殺もやむなし」として
重装備をして待ち構えていた機動隊に鉄パイプ一本で突っ込んでいって、あっけなく死亡

王蛇に関してはこの最期の方が後味悪いんじゃなかろうか

 

仮面ライダー 龍騎 Vol.6 [DVD]
仮面ライダー 龍騎 Vol.6 [DVD]


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...