ホーム » 小説 » 小説/た行 » 種子まく男(リチャード・マシスン)

4531/7:2013/12/01(日) 10:28:09.68
リチャード・マシスン「種子(たね)蒔く人」

閑静な住宅地に越してきた男、A夫人を尾行し、
夫の出張を狙ってバーでナンパ待ちをして、男とホテルに行っている事を突き止める。
偶然を装いバーで挨拶すると、彼女はみっともない程慌てて、
友達と待ち合わせですの勿論女友達ですのよ、と言い訳。

男、一人暮らしの寡夫を哀れと思し召して
お友達が来るまで一杯つきあってくださいよ、と強引に同席する。
男、A夫人が化粧直しに立った隙に麻薬をグラスに盛り、
フラフラになった所をホテルに連れ込み裸にして写真撮影。
酔い潰れたA夫人に服を着せて家まで送り届け、着衣のままベッドに寝かせてやる。


4542/7:2013/12/01(日) 10:31:31.63
男、翌日A家を訪ね、
大変酔ってらしたので家までお送りしましたが具合はいかが、と安心させる。

男、B老人が丹精した庭を夜に荒らす。
翌朝、怪しい奴を見なかったかと訊かれて、
そう言えば男の子が二人いたような、C家の息子達と似たような年恰好でしたよ、と嘘をつく。
数日後また庭を荒らし、修繕を手伝って信頼を得る。
男、今度は除草剤を原液のまま散布。

C氏は白人至上主義を公言している。
夫人は心臓が弱い。二人の息子は悪ガキだが飼い犬を可愛がっている。
男、C氏に、息子さん達が気に入るといいのですが、と空気銃を二挺プレゼントして感謝される。

男、B老人の飼い犬を空気銃で撃つ。


455 3/7:2013/12/01(日) 10:33:45.12
男、偶然通りがかったふりをしてB老人と犬を獣医へ車で送り届ける。
そして、どうでしたかやっぱりダメでしたか!?とわざとネガティブ発言でさらに悲しませる。
数日後、C家の飼い犬が毒殺される。犯人不明。

D家の高校生の息子はE家の14歳の娘と交際中だが、D夫人は気に入らない。
夜のドライブに行きたがるのは仕方がないが、あんな小さな子供を誘い出すなんて、というわけ。
男、D息子とE娘が昼間にバスで海に行くのを尾行。
そして、泳ぎ疲れた二人がビーチマットに寝転び
子供らしい不器用なキスやハグに興じるのを撮影。
男、修正して夜間にセックスしているように見せかけた写真をばらまく。


457 4/7:2013/12/01(日) 10:36:04.60
E娘はビッチと断定され、D息子は遠くに転校させられた。
D家とE家は不倶戴天の敵になった。

男、F家の塀に差別用語を落書きし、ペンキをC家まで点々と垂らす。
男、F氏は混血を隠す卑怯者、黒人の血統を隠す事は奴隷の祖先への冒涜、
という怪文書をばらまく。

F氏、C氏を殴る。
男、F氏を宥め、C氏には、彼が混血だというのはただの噂、
C家の隣の空き家の所有者として不動産価値が下がるのを警戒しているのだ、と嘘をつく。
C氏、空き家の器物損壊で逮捕。
F氏、黒人だと断定される。

ある日、ユダヤ系一家の夫人が男を訪ね、
貴方がF家の塀にひどい落書きをしたのを見たと言う。


458 5/7:2013/12/01(日) 10:38:36.07
あなたが越してきてから嫌な事ばかり起きる、
また事件があれば警察に相談する、とためらいがちに話す夫人に、
男、空涙で応える。
私は誰かを傷つけるぐらいなら死を選ぶ、
実は私もユダヤ人、本名は○○(男の名乗る名字に似たユダヤ系の名字)。
妻子は収容所で死んだ。誤解です平和に暮らしたいだけなのに、と泣く男を夫人は慰めた。

男、前述のA夫人のヌード写真をユダヤ夫人に送付。
ユダヤ夫人、A夫人を夫の不倫相手と信じて刺殺。

男、厳格な老父と二人暮らしの34歳ブスの名前でポルノのパンフレットを大量に申し込む。
男が覗いているのを知らないブス、大量の郵便を受け取って醜い顔を赤黒く染める。


459 6/7:2013/12/01(日) 10:40:30.68
男、A夫人に盛ったのと同じ薬を大量にシチューに溶かし、ブス家に差し入れ。
老父は偶然不在。
男、頃合いを見て鍋を返してもらいに行くと、
ブス、赤黒いのを通り越してどす黒い顔色で息を弾ませ、目を潤ませている。
男、ブスを抱き締め…

…数時間後ブスが寝入ってしまうと、男、ブスの裸を撮影。
翌朝、逆レイプの慰謝料と口止め料と示談金を請求し、
夕方までに金を用意できなかったら親父に写真を見せると脅迫。
ブス、自殺。

男、心臓の弱いC夫人に電話をかける。
(こちら○○郡警察だがご両親事故で死す。死体の処理についてご指示を乞う)
電話の向こうで、悲鳴と人が倒れたらしい物音。


460 7/7:2013/12/01(日) 10:42:56.19
男、亭主が夜勤で寝ている家を騙ってその家に修理屋を呼んだり、
新車を持っている家を騙って、その新車を安値で売りに出す新聞広告を出すなど
小さな嫌がらせを繰り返す。

男、黒人に家を売り、いい所ですよ、
すぐ近くに黒人も住んでます、と嘘をついて引っ越す。終

スパイ物のマシスン流パロディだとか、
当時のアメドラによく登場したおせっかいキャラの進化形だとか言われているが
正体がわからなくて後味悪い。


461 本当にあった怖い名無し:2013/12/01(日) 10:48:03.30
何だろう
スティーブンキングのニードフルシングスを思い出した

480 本当にあった怖い名無し:2013/12/01(日) 15:19:50.70
>>453
面白かった!目的はなんだったのか気になってさらに後味悪い

 

13のショック (異色作家短篇集)
13のショック (異色作家短篇集)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...