ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その145 » 力王/雑賀道臣(猿渡哲也)

988本当にあった怖い名無し:2013/12/17(火) 21:13:08.23
数年前にトラウマスレで見たんだが、たしか猿渡哲也氏の漫画
その一場面しか覚えていないので、前後の流れや結末などは不明

ある父子がどこかで監禁生活を強いられていて、食事とかも質素なものしか与えられない
だけど、まれに鰻丼が差し入れられる時があり、その時は父子はむさぼるように食べる

場面が変わって監禁している側の部屋
そこに大きな水槽があり、そこには大量の鰻が飼われている
そして餌は、その父子の妻(母親)の死体

つまり、妻(母親)の死体を餌に成長した鰻を、何も知らない父子が食べるという描写


989本当にあった怖い名無し:2013/12/17(火) 21:26:06.33
>>988
「力王」っていう漫画らしい

しかし、ナチス将校がユダ協力者にうな丼って・・・
ヨーロッパならまずそうな、うなぎゼリーくらいじゃないのか鰻のくい方は


994 本当にあった怖い名無し:2013/12/17(火) 23:39:33.94
>>989
かなり昔に一度しか読んでないのでうろ覚えだけど、ナチスといっても
拷問されてる親子も日本人、鰻丼出したのも日本人だった記憶がある
確か主人公の養父とその両親のエピソードじゃなかったかな
主人公の実母がユダヤ人で養父家族は協力者だったとかなんとかだったような

 

力王 8 (ビジネスジャンプコミックス)
力王 8 (ビジネスジャンプコミックス)
力王 全12巻完結
力王 全12巻完結


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...